電子チラシから買い物代行を依頼できるサービス、凸版印刷子会社が年内開始

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

凸版印刷子会社のワン・コンパスが運営する電子チラシ「Shufoo!(シュフー)」と「PickGo(ピックゴー)買い物代行」サービスのロゴ
「PickGo買い物代行」を運営するCBcloudと提携して、サービスを提供する

 凸版印刷子会社のワン・コンパス(東京都港区)は、同社が運営する電子チラシ「Shufoo!(シュフー)」に掲載された商品を選択し、買い物代行を依頼できるサービスを年内に始める。「PickGo(ピックゴー)買い物代行」を運営するCBcloud(シービークラウド、東京都千代田区)と業務提携して、サービスを提供する。

 シービークラウドは4月27日にピックゴー買い物代行を始めた。同社にはフリーランスの配送ドライバー1万5000人以上が登録しており、通常は専用アプリ「ピックゴー」を通じて企業間の荷物の配送を受託している。新型コロナウイルスの感染拡大に伴って荷物の配送が減少していることから、ドライバーの仕事を確保するためにピックゴー買い物代行をスタートさせた。

 シュフーには、スーパーやドラッグストアなど約4200社、約11万店舗のチラシが掲載されている。シュフーのユーザーは月間1100万人に上り、買い物代行サービスとの連携がスタートすれば、電子チラシで選んだ商品をそのまま注文し、自宅で受け取ることができるようになる。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media