セブン&アイ、加工食品全体の納品期限を緩和、賞味期限までの2分の1に

2019/07/09 13:00
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

セブンアンドアイ外観
計2万1440店舗(6月末現在)で、納品期限の緩和対象を加工食品全体に拡大

 セブン&アイ・ホールディングスは7月8日、傘下のセブン-イレブン・ジャパンやイトーヨーカ堂、ヨークベニマル、ヨークマートの計2万1440店舗(6月末現在)で、納品期限の緩和対象を加工食品全体に拡大した。カップラーメンを皮切りに調味料やレトルト食品など順次、対象商品を増やしていく。

 グループ各社はこれまで、商品の製造日から賞味期限の3分の1が経過する前に店舗に納品する「3分の1」ルールで運用してきたが、これを「2分の1」に緩和する。メーカーや卸の在庫負担を減らし、食品ロスの削減につなげる。

 セブン&アイグループでは、ソフトドリンクと菓子については、先行して「2分の1」ルールで運用してきた。

 同グループは、2030年までに食品廃棄物を13年度比で半減する目標を掲げている。

■納品期限緩和のイメージ

セブンアンドアイ賞味期限フロー変更
三井物産側が60%、壱番屋が40%を出資する

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media