減益着地も高水準のアクシアル、22年度注力する成長に向けた“種蒔き”とは

棚橋 慶次
Pocket

アクシアル リテイリング(新潟県/原和彦社長:以下、アクシアル)が5月6日に公表した2022年3月期連結決算は、売上高が2464億円、営業利益が同14.9%減の103億円、当期純利益が同14.6%減の70億円だった。
売上高については、期首より「収益認識に関する会計基準」を適用した影響で前期との単純比較ができないが、旧基準での売上高は同0.3%増と、実質的に過去最高を更新した。

原信の外観

減益着地も高水準の収益性を維持

 新潟県長岡市を拠点に、北陸および北関東エリアにスーパーマーケットを展開するアクシアル。傘下には、原信(新潟県/原和彦社長)、ナルス(同)、フレッセイ(群馬県/植木威行社長)と3社のスーパーマーケット事業会社を擁しており、原信とナルスは新潟県を中心に、長野県と富山県に合計79店舗、フレッセイは群馬県を地盤に、埼玉県北部や栃木県東南部にも県境を越えて合計50店舗を展開する(2022年3月期末時点)。

 23年2月期に入ってからは4月に「フレッセイ朝日町店」(群馬県前橋市)、5月に「原信安曇野店」(長野県安曇野市)を出店しており、22年7月現在、グループの総店舗数は131店舗となっている。

 粗利益率こそ、20%台と一般的なスーパーマーケットと同水準ではあるものの、売上高営業利益率は4.2 %(22年3月期実績)と、高収益として知られるヤオコー(埼玉県/川野澄人社長、同4.5%)に匹敵する高水準となっている。アクシアルが経営指標として重視するROA(総資産経常利益率)も9.5%と、前期から2.3ポイント下回ったものの、長年にわたり高い水準を維持している。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media