元ファストリ上席執行役員が明かす!店舗を日本一に導く手法 トーチリレー神保代表【前編】

2022/05/11 05:55
聞き手:大宮 弓絵 (ダイヤモンド・チェーンストア 記者)
構成:佐野佳代子
Pocket

業績低迷のユニクロ店舗をわずか1年で月間総合評価1位に躍進させた立役者である、元ファーストリテイリング上席執行役員の神保拓也氏。現在は「人に寄り添い、悩みに向き合う」をコンセプトとした株式会社トーチリレーの代表取締役を務める。これから2回にわたり、従業員のモチベーションアップや業績向上の秘策は「悩みに向き合うこと」だと明かしてくれたインタビュー内容をお届けする。前編はその原体験となる事例や人材活用の考えをまとめた。(インタビュー実施日:2022年3月7日)

悩み相談が企業を強くする
実体験から独立を決意

――35歳という史上最年少で就いたファーストリテイリングの執行役員を辞し、「人の心に火を灯す」を掲げる株式会社トーチリレーを設立した背景を聞かせてください。

神保 銀行、コンサルティングファーム、そしてファーストリテイリングと渡り歩いた私のキャリアを振り返ると、業種・業態ともにすべて異なることを手掛けてきました。そんななかで唯一、一貫してやっていたのは、一生懸命、人の悩み相談に乗るということ。それを、どの会社のどのポジションでもずっとやってきたのです。

 一人ひとりの悩み相談に乗るなかで、自分の営業成績が上がったり、管轄組織のチームの状態が良くなったり、ファーストリテイリングでは物流改革という大きなチャレンジも成し遂げました。その経験から悩みに向き合うことが企業や個人を強くし、自分自身の成長の原動力にもなると確信し、悩み相談をもっと幅広く民主化したいと考え、トーチリレーという会社を設立しました。

悩み相談をもっと幅広く民主化したいと考え、トーチリレーという会社を設立しました
2020年にトーチリレーを設立。心に火を灯す「トーチング」面談や、企業の悩み相談などのサービスを提供し、「心の聖火リレー」を広げていくことを提唱している

――無料で悩み相談を行うサービス「トーチング」は現在、数カ月待ちになるほどの人気です。その収益モデルについて教えてください。

神保 教えることに主眼を置いたティーチングでも、引き出すことに主眼を置いたコーチングでもないトーチングは、登る山(目標や目的)を見つけ、心に火を灯すサービスです。あらゆる人が気軽に悩み相談をできるようになる「民主化」を実現するために考え出したのが、「行列のできる無料の悩み相談所」。全力で90分、どんな方の悩みにも私が無料で向き合うスタイルです。とはいえ、体は1つですので、このままではマネタイズや事業をスケールできないという問題が出てきます。

 そこでわれわれが展開しているのが、トーチングを文字に起こした有料の「トーチング日記」と、それを音声動画で解説した「トーチングラジオ」。相談者とどんなディープなやり取りをして相手の心に火を灯していったのか、そのメカニズムを学べるもので、開始以来、想像以上に多くの方に利用いただいています。1人に徹底的に向き合うトーチングを不特定多数の方に広げていけるため、ビジネスとしてマネタイズとスケールができるメリットも生まれました。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media