日本の人口のわずか14% くら寿司があえて「Z世代」向けの店舗をオープンする理由とは?

2021/12/16 05:55
榎森 順二
Pocket

12月8日、くら寿司(大阪府/田中邦彦社長)は2022年10月期の事業戦略を発表した。同期の事業戦略のコンセプトは、サステナブルならぬ“スシテナブル”。安くておいしい寿司を永続的に提供するサステナブルな経営を目指す。

くら寿司が掲げる6つのチャレンジ

 今回、くら寿司が示した具体的な施策(チャレンジ)は次の6つだ。

  1. 新たな顧客層の獲得
  2. お寿司の安定供給
  3. 国内出店戦略
  4. 海外出店戦略
  5. コロナ対策
  6. SDGs

 コロナ禍にあって飲食業界が低迷する中、くら寿司は21年10月期、過去最高となる1476億円を売り上げた。設備投資も過去最高の約125億円に達し、新規に国内30店舗、海外18店舗を出店するなど、積極的な“攻め”の姿勢を打ち出している。

 22年10月期は、新型コロナウイルスの鎮静化を見すえたリベンジ消費と、都市部の人流回復によるさらなる発展を見込む。上記6つのチャレンジを通し、回転寿司市場での存在感をより高めるねらいだ。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media