注目キーワード、「オンデマンドグロサリーデリバリー」「デリバリーロボット」の潮流と主な事例と特徴を紹介します!

松岡由希子(フリーランスライター)
Pocket

流通最旬キーワード

オンデマンドグロサリーデリバリー

 オンデマンドグロサリーデリバリーとは、食品や飲料、日用品などをオンデマンドで配送するサービスだ。2010年代後半以降、インスタカート(Instacart)やシプト(Shipt)など、主に米国で普及してきたが、コロナ禍を機に、欧州でも同様のサービスが急速に広がっている。

 その代表格が、20年5月に独ベルリンで創設されたゴリラス(Gorillas)である。生鮮食品、加工食品、飲料、日用品など、1000品目以上を取り扱い、モバイルアプリで注文すると、「ライダー」と呼ばれる直接雇用の配達員が10分以内に商品を届ける仕組みだ。ベルリンを含むドイツ7都市、オランダ6都市に加え、21年3月には英ロンドンにも進出し、事業規模を急拡大させている。

 英国では、都市部を中心にオンデマンドグロサリーデリバリー企業が次々と生まれ、競争が激化している。ロンドンで展開する

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media