イオンモール 「まちの発電所」拡大、再生エネ供給量強化

Pocket

イオンモール「まちの発電所」ロゴ

 イオンモール(千葉県)は8月9日、2022年から開始した自己託送方式によるオフサイトコーポレートPPAの第2弾を今年秋より順次稼働すると発表した。

 これにより、「イオンモールまちの発電所」は全国1,390か所へ拡大。2022年の稼働件数と合わせ、約120MW規模の再生可能エネルギーをイオンモール50施設へ供給する。

 第2弾では、新たに約650か所の低圧太陽光発電所「イオンモール まちの発電所」を稼働、約55MWの電力を第1弾の対象施設に加え、新たに19モールに追加供給する。

イオンモールの太陽光発電設備イメージ
低圧・分散型太陽光発電設備(写真左)とソーラーシェアリング(写真右)

 また、2040年の目標達成に向け、2030年度までの具体的数値目標およびアクションが設定され、今年度からは耕作放棄地を有効活用した営農型太陽光発電(ソーラーシェアリング)を新たに導入される。

 同社は引き続き、再生可能エネルギーの調達ネットワーク拡大と脱炭素社会への貢献を進めていくとしている。

イオンモールの再エネ自給率引き上げ図とアクション

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態