イオンが国内初となる「新GGNラベル」付き農産品の展開を開始

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

新GGNラベル
新GGNラベル

 イオン(千葉県)は、4月26日より順次、責任ある農業を可視化するクロスカテゴリの認証である「新GGNラベル」付きの商品の展開を開始する。

 これは、GOOD(適正な)、AGRICULTURAL(農業の)、PRACTICES(実践)を証明する国際基準の仕組みで、同社では2018年にアジアで初の「GLOBALG.A.P.(以下、グローバルギャップ)認証」を取得、同認証を取得した農場でつくられた農産物であることを示す「GLOBAL G.A.P.Number ラベル」(以下、GGNラベル)付きの商品の展開を開始した。

 2021年に刷新されたGGNラベルは、グローバルギャップ認証を取得した農場で作られていることに加えて、労働者福祉、サプライチェーンの透明性についても、責任ある条件下で生産する農場であると第三者機関によって証明されていることが要件として求められるようになった。

 同社直営農場の運営および農産物の生産委託に取り組むイオンアグリ創造(千葉県)が、2022年度の審査においてGRASPでフルスコア(満点)を獲得し、日本国内で初めて新GGNラベルを付けた商品の展開を開始することになった。

 これまでのGGNラベル同様、認証番号を入力することで、世界のどこで、誰がつくったものかを知ることができる。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態