カクヤスグループ、佐藤会長が社長を兼務 田島社長は取締役に

Pocket

カクヤス外観
会長の佐藤順一氏(64歳)が4月1日付けで社長に復帰する。

 酒類販売店「なんでも酒やカクヤス」を展開するカクヤスグループでは、会長の佐藤順一氏(64歳)が4月1日付けで社長に復帰する。社長の田島安希彦氏(60歳)から健康上の理由で、社長辞任の申し出があったという。

 佐藤氏が3月15日付けで代表権のある会長となり、4月1日から社長を兼務する。佐藤氏は1993年から社長を務め、2022年6月に代表権のない取締役会長に退いていた。

 田島氏は代表権のない取締役となる。同氏は2009年に入社、執行役員兼財務経理部長などを経て、16年副社長、22年6月に社長に就任した。

 カクヤスグループの主力事業会社であるカクヤスは、飲食店向けの業務用販売が全体の50%超を占めるが、コロナ禍で業務用販売が苦戦、22年3月期まで2期連続で営業赤字を計上した。23年3月期は4億円の営業黒字に転換する見込みだ。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態