物価高、個人の94%が実感=14年ぶり、最高に迫る―日銀調査

時事通信社
Pocket

日本銀行本店
〔写真説明〕日本銀行本店

 日銀は11日、昨年12月の「生活意識に関するアンケート調査」結果を発表した。1年前と比べ物価が「かなり上がった」「少し上がった」と回答した個人の割合は合計94.3%(前回9月調査は91.8%)に上昇し、過去最高だったリーマン・ショック当時の2008年9月調査の94.6%に迫る約14年ぶり2番目の高さとなった。

 原材料高と円安に伴う輸入物価の上昇で、食品など生活必需品の値上げラッシュが続き、家計の負担感が強まっている様子が浮き彫りとなった。

 調査は全国の20歳以上の個人を対象に3カ月ごとに実施。今回は昨年11月4日から12月1日まで行い、2108人から回答を得た。

 物価が「かなり上がった」との回答割合は52.7%(同46.4%)と半数を超えた。「少し上がった」は41.6%(同45.4%)だった。

 暮らし向きについて、1年前と比べ「ゆとりがなくなってきた」は53.0%(同50.7%)に上昇。ゆとりがなくなってきた理由を複数回答で尋ねたところ、「物価が上がったから」が88.4%(同84.5%)と、過去最高を記録した。

 ゆとりが「出てきた」との回答割合から「なくなってきた」割合を引いた「暮らし向きDI(指数)」はマイナス49.3(同マイナス46.7)と、5回連続で悪化した。

 支出が1年前と比べ「増えた」は52.7%(同48.5%)。その理由(複数回答)では「生活関連の物やサービスの値段が上がったから」が86.1%(前回調査82.8%)に上り、過去最高となった。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media