モノタロウと鈴⿅⾼専、PB商品の顧客満⾜度向上を⽬指す「MonotaRO 品質評価室」設置

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

モノタロウの鈴鹿工業高等専門学校 共同研究推進センター
モノタロウの鈴鹿工業高等専門学校 共同研究推進センター(写真はプレスリリースより)

 ネットストア「モノタロウ」を運営するMonotaRO(以下 モノタロウ) は、鈴⿅⼯業⾼等専⾨学校(三重県鈴⿅市、以下・鈴⿅⾼専)内に、モノタロウプライベートブランド商品(PB)の安全性や品質の更なる安定・向上に努め、顧客満⾜度の向上を⽬指すために、産学協働の研究室「MonotaRO 品質評価室」を2022年7⽉6⽇に設置する。

 同社は、これまでも、PBの成分分析や品質評価を個別に行ってきたが、今後さらなる顧客満⾜度の向上をはかるためにも、⼀元で検査ができる体制が必要だと感じていた。しかし、検査場所や検査機器、専任の⼈員の不⾜が課題となっていた。

 鈴⿅⾼専には設備の⾯において条件に合致する施設を保有していること、また専⾨の教授陣もおり、モノタロウが必要としている知⾒や⼈材育成において、理想的な環境だったことが、今回の産学協働プロジェクトの開設につながった。

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media