NY証取の親会社ICE、イーベイに買収打診=関係筋

2020/02/05 12:15
ロイター

NY証取の親会社ICE、イーベイに買収提案
2月4日付の米ウォール・ストリート・ジャーナル紙は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)親会社のインターコンチネンタル取引所(ICE)が米電子商取引大手イーベイに買収を提案したと報じた。写真は昨年7月撮影(2020年 ロイター/Brendan McDermid)

[4日 ロイター] – ニューヨーク証券取引所(NYSE)親会社のインターコンチネンタル取引所(ICE)が米電子商取引大手イーベイに買収を打診したことが、事情に詳しい関係者の話で4日、明らかになった。買収額は300億ドル以上になる可能性があるという。

ICEは、世界中の出品者と購入者をつなぐイーベイのマーケットプレイス事業の効率性を、取引所の運営に取り入れたい考え。

関係筋によると、ICEはまだ正式な提案は行っておらず、合意がまとまるという確証はない。

米ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)によると、ICEが取得に関心を示しているのは主にイーベイのマーケットプレイス事業であり、イーベイが売却を検討している広告事業ではないもようだ。

報道を受けてイーベイの株価は急伸、ICE株は売られた。終値はイーベイが約8.8%高、ICEが約7.5%安だった。

ICEとイーベイはコメントを控えた。

イーベイに対してはこの日、物言う投資家のスターボード・バリューがクラシファイド広告(テーマごとに整理された広告)事業を売却するようあらためて求めた。

スターボードはイーベイの取締役会に宛てた書簡で「最も望ましい結果を出すために、クラシファイド広告を分離すべきで、中核のマーケットプレイス事業で利益の出る成長を達成するため、より包括的で積極的な事業計画の策定が必要だ」とした。

イーベイは書簡を精査するとコメントした。

同社はネット通販でアマゾン・ドット・コムやウォルマートなどとの競争が激しくなるなか、広告や決済事業に経営資源をシフトさせてきた。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media