2018/08/01

【楽天】ぐるなびと資本業務提携、第2位株主に

 楽天とぐるなびは7月30日、資本業務提携すると発表した。楽天はぐるなびの滝久雄会長が持つ株式の一部を譲り受け、約10%を保有する第2株主となる。株式の譲渡日は8月22日。取得価格は明らかにしていないが、7月30日の終値で換算すると約40億円となる。

 楽天とぐるなびは今年3月、「ぐるなびポイント」から「楽天スーパーポイント」への交換サービスを開始、5月には楽天が運営する飲食店予約サイト「Rakoo(ラクー)」の新規加盟店開拓でぐるなびと提携することで合意していた。

 今後は、ぐるなびとラクーの連携を強化するため、ぐるなび会員とぐるなびポイントを段階的に楽天会員および楽天スーパーポイントに統合していく。また、楽天会員にぐるなびのネット予約の利用を促すほか、楽天およびぐるなびのそれぞれのサイト上の広告枠の販売でも協業する。

 経済産業省によると飲食店のオンライン予約の市場規模は、2017年で4502億円と推定され、前年比36.8%増と高い伸びを示している。