「宗像さんを、二度、死なせてはならない」

 ドラッグストア流通記者会所属のある記者がつぶやいた。

 

 626日、日本チェーンドラッグストア協会事務総長の宗像守さんが死去した。享年63歳だった。

 

 宗像さんは19859月に日本リテイル研究所を設立し、小売業のコンサルティング活動をスタート。19959月からはドラッグストアMD研究会を主宰。19996月の日本チェーンドラッグストア協会設立に尽力した。2002年の経済産業省「商業統計」、2007年総務省「日本標準産業分類」にドラッグストア業態を組み入れた立役者で、経済産業省、厚生労働省、農林水産省等の各種委員会のオブザーバーを数多く務めた。

 

 宗像さんは「人口減少と高齢化が進む日本では、今後、保険で行う治療や延命医療から、保険に頼らない健康維持や予防に力を入れ、これを産業が支えるという健康寿命の延伸が大きなテーマ」(『ダイヤモンド・ドラッグストア』誌20162月号より)と考え、ドラッグストアこそが健康維持や予防を担える業態だと確信。「2025年ドラッグストア業界10兆円産業化」の実現に向けてハードワークを厭わなかった。

 

 この宗像さんの“ロマン”を見失ってはならないと、冒頭の記者は言ったのだ。

 

 宗像さんのお別れ会は、731日(火)にホテルグランドパレス2階「ダイヤモンドルーム」(東京都千代田区飯田橋1-1-1)で開かれる。献花は正午~午後1時30分まで。

 

 心より深く哀悼の意を表します。合掌。(K