ホーム   特集&連載    注目店舗 
記事タイトルバナー
2012年9月18日

【ヨークベニマル「ヨークベニマル東大島店」】
旧田彦店を移築し最新フォームに衣替えした東大島店として開店 

若いファミリー層に対応した品揃えと店づくりで移転オープン

 

「ヨークベニマル東大島店」。周辺は、若い世代、小家族世帯が比較的多い立地。

 

 東北を中心に店舗を展開するヨークベニマル(本社福島/大高善興社長)は9月14日、茨城県ひたちなか市東大島に「ヨークベニマル東大島店」(茨城県内27店、全体で178店)を開店した。新店は、JR常磐線勝田駅から2キロ北に位置し、店舗の老朽化などで閉店することになった近隣の「ヨークベニマル田彦店」を移築して開店したもの。

 

 ひたちなか市は、茨城県北東にあり、平成の大合併で旧勝田市と旧那珂湊市が合併して誕生。この中で新店の立地は、工業都市として発達した旧勝田市側に位置する。3km圏内の人口は、25,989人、世帯数10,232世帯、平均世帯人数は2.5人。持ち家比率は60.4%と低い反面、アパート・公営住宅が数多く建ち並び、若い世代や小家族世帯が比較的多い立地特性。

 

 売場面積は2,007㎡(607坪)と、同社の標準サイズなこともあり、得意な形を展開。とくに、近隣に比較的に若いファミリー層が多いことを意識し、簡単調理品として鮮魚の「骨なし商品」や「フライパンメニュー」が充実。また、ここ最近力を入れているアウトパック総菜、「だんらんデリ」コーナーを平台で大きく展開する。駐車台数は208台を確保、営業時間は午前9時30分~午後10時00分(夏季は午前9時開店)、年商見込は15億円。

プライスカードが、迫力のある陳列の上からどーんと迫る。

 

DRM online 関連記事

Special topics