パナソニック、自律走行ロボットでの宅配実験、藤沢市の住宅街で

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

パナソニックの自律走行ロボット
実験はパナソニックの工場跡地に開発された「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」で行う。

 パナソニックは神奈川県藤沢市の住宅街で、自律走行ロボットを使った宅配サービスの実証実験を始めた。公道を走行し、個人の住宅に荷物を届ける。

 実験はパナソニックの工場跡地に開発された「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」で行う。実験の第1段階として、11月25日から12月24日まで自律走行ロボットの公道走行テストを実施。2021年2月から3月にかけては、第2弾としてロボットによる宅配を行う。荷物は、スマートフォンのアプリを用いて非対面で受け渡しする。

 パナソニックは、これまで開発してきた自律走行ロボットや自社構内でのライドシェアサービスで培ってきた技術やノウハウを実証実験に生かす。実用化できれば、ネット通販や料理宅配の利用急増で深刻化している宅配員の人手不足解消に寄与できそうだ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media