最強フード&ドラッグ!?「スーパーエバグリーンプラス」、強さの4つの秘訣とは

調査・文:矢野清嗣
Pocket

和歌山県を地盤に、生鮮食品をフルラインで揃える大型のフード&ドラッグ業態「エバグリーン」「スーパーエバグリーン」などを展開する廣岡とエバグリーン廣甚(いずれも和歌山県/米原まき社長、経営母体は同一)。本稿では和歌山市内にある大型店「スーパーエバグリーンプラス和歌山北インター店」(以下、和歌山北インター店)の売場を調査し、競争力の高さの根源に迫った。
(調査日2022年10月16~17日) ※文中の価格は特記なき場合本体価格

多様なフォーマットを展開

 和歌山県内で「エバグリーン」といえば、同じく地場の「オークワ」「マツゲン」などと並び、日ごろの買物先として親しまれている小売ブランドの1つだ。運営する廣岡とエバグリーン廣甚の2社は①小売事業、②飲食事業、③製造事業の大きく3つの事業を展開しており、このうち小売事業では生鮮強化型の大型ドラッグストア(DgS)「スーパーエバグリーン」「スーパーエバグリーンプラス」、大型DgS「エバグリーン」、食品スーパー(SM)「デリシャス広岡」、生鮮をメーンに医薬品や日用雑貨も扱う「スーパーデリシャスヒロ」、調剤薬局「エバグリーン薬局」など多岐にわたる業態・フォーマットを運営する。

スーパー エバグリーンプラス和歌山北インター店
スーパーエバグリーンプラス和歌山北インター店
●所在地: 和歌山市直川274-1
●開店年月: 2011年11月16日
●売場面積: 約750坪(歩測)
●営業時間: 24時間

 今回調査対象としたのは、この中で最大級のフォーマットである「スーパーエバグリーンプラス」の和歌山北インター店だ。市内中心部から北東へおよそ4㎞ほど離れた、阪和自動車道「和歌山北」ICのほど近くに位置する。交通量の多い県道7号線からすぐの場所にあるロードサイド立地の店舗である。

最大の集客ポイントは鮮魚か

 売場を詳しく見ていこう。

続きを読むには…

この記事はDCSオンライン+会員限定です。
会員登録後、DCSオンライン+を契約いただくと読むことができます。

その他にも…

ダイヤモンド・チェーンストア誌(電子版)が読み放題
最新号の特集を発売1週間前からオンライン記事で先取り!

詳しくはこちら

DCSオンライン+会員の方はログインしてから閲覧ください。

1 2

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態