売上予測の2倍!高級街の銀座で、ワークマン女子が受け入れられた理由とは

両角晴香
Pocket

20224月、銀座駅から徒歩2分の好立地に、「#ワークマン女子(以下、ワークマン女子)」イグジットメルサ銀座店がオープンした。ワークマン(群馬県/小濱英之社長)といえば、男性向けの作業服といった印象が強いが、新業態として“女性向け”に展開することで、開店から約4ヶ月となる銀座店は売上予測の約2倍を売り上げ、当初の見通しを大きく上回っている。

15時には品薄に

キャンプ用品売場
キャンプ用品売場

 「念願が叶い、銀座に出店することになった」と話すのは、ワークマンの役員待遇 新業態事業部 部長の島健太郎氏。銀座への出店計画は6年前からあったという。新型コロナの影響で銀座の地価が大幅に下がったことから“銀座進出”を果たした。

 ワークマンは国内に約950店舗を展開し、現場で働く職人を支えてきた。全国各地のロードサイドからワークマンの看板を見たという人も少なくないだろう。

 作業着や長靴などの高機能商品を職人向けに「ワークマン」業態を通じて販売してきた同社だが、機能はそのままにデザインやカラー展開を工夫し、一般消費者にも受け入れられる素地ができた。そこで2018年に一般消費者にターゲットを拡大した「ワークマンプラス」を展開したことから、“アウトドアのワークマン”としての地位も確立。最近では、お笑い芸人の田村淳さんが自身のSNSでワークマンの全身コーディネートを披露して話題になるなど、私服として愛用する人も増えてきた。

 そんなワークマンの次なる挑戦は、日本屈指の高級街に出店し、「“銀座にあるワークマン”としてこれまで以上に認知度を高め、ブランド価値を高めていく」ことだ。しかし、銀座といえば、客の目も肥えているはず。そんな中、「おかげさまでご好評をいただき、15時には品薄状態」と島氏はうれしい悲鳴をあげる。

 勝機はどこにあるのか。

1 2 3 4 5

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media