伸長し続けているロカボ市場。さらなる拡大のための訴求やねらい目のカテゴリーは?

日本食研ホールディングス株式会社 食未来研究室 室長:児玉一穂
Pocket

ロカボ商品は大きな市場となっており、年々売上も商品数も増加してきている。とくにコロナ禍以降は健康意識の向上やコロナ禍太り解消も相まって大きく伸長している。今回はスーパーのPOSデータから、ロカボ商品の動向や売場での訴求方法、今後チャンスのあるカテゴリーを探った。

ロカボ商品の動向と生活者の健康に対する意識

ヘルシー 食事
スーパーのPOSデータから、ロカボ商品の動向や売場での訴求方法、今後チャンスのあるカテゴリーを探った。(i-stock/Iuliia_Leonova)

 今回ロカボ商品を分析するにあたっては、商品名に「糖質」「ロカボ」を含むものに加えて、パッケージなどでこれらを謳っているもののうちとくに売上の大きいものを抽出した。【図1】は食品スーパー(KSP-POS)のロカボ商品の売上金額と商品数の推移となっており、どちらも伸びていることが見てとれる。売上金額の動きをみると、とくに2020年、2021年の伸びが大きくなっている。この背景として2020年はコロナ禍の影響でコロナ太りの解消や健康意識が高まったことが一因であると考えられるが、2021年も停滞することなくさらに大きく伸びている。生活者の健康意識は現在もなお高まっていっているのではないだろうか。

【図1】ロカボ商品の売上金額と商品数の推移
出所: ㈱KSP-SP「KSP-POS」より食未来研究室作成
ロカボ商品は全カテゴリーより商品名に「糖質」「ロカボ」を含む商品群と低カロリー甘味料、菓子カテゴリーより低糖質を謳った売上の大きい商品を抽出

 また、健康に関する生活者の関心を調べてみると、「ロカボ」の検索エンジンにおける検索数は増加しており、ほかにも「無添加」や「オーガニック」といったワードの検索数も増加してきている。このことから、体によいものを取り入れたいという意識の高まりも感じることができる。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media