アイスクリーム市場、早い梅雨入りの5月と低温の8月を除き、21年度は堅調に推移

ライター:山田陽美
Pocket

コロナ禍における巣ごもり需要により2021年も引き続きアイスクリーム市場は堅調に推移した。とくにストック用として購入されているファミリーアイスや、大人の女性をターゲットにした素材にこだわったプレミアムアイスが好調だ。

プレミアムアイスは2ケタ増、癒しのデザートとして定着

 KSP-POSデータによると、アイスクリームの期間通算(2021年5月~22年4月)の金額PIは、2万3242円で対前年同期比0.1%減。アイスクリームは天候に大きく左右されるカテゴリーで、21年は西日本を中心に例年より大幅に早い梅雨入りにより、5月は同13.3%減で、8月は異常と思える低温により、同11.3%減と2ケタ減となった。

 その反面、10月は例年より暖かだったことから、同12.4%増と大きく伸長した。アイスクリームの最盛期の8月に低温だったことは市場に大打撃となったが、5月と8月以外は堅調で、年間を通して安定した需要となっている。

アイスクリーム
ストック用として購入されているファミリーアイスや、大人の女性をターゲットにした素材にこだわったプレミアムアイスが好調だ。(i-stock/flyingv43)

 とくに好調なのが、プレミアムアイスで、期間通算の金額PIは3162円で同11.1%増。月別金額PIでは7月や9月など2ケタ増の月も多くなっている。アイスクリームは癒しのデザートとしてのニーズも高く、なかでも「ちょっといいもの」を求める層が増えたことで、原料や製法、食感にこだわったプレミアムアイスが好調だ。

 よつ葉乳業では、100%北海道産乳原料を使用したプレミアムアイスの「北海道アイスクリーム」シリーズを素材が濃厚に感じられる味わいにリニューアル。フレーバーには新たに「抹茶」と、ドルチェシリーズの「ローストピスタチオ&ラズベリー」をラインアップした。

 ロッテでは、アイスにマッチした素材の組み合わせが楽しめる「レディーボーデンミニカップCOMBINATION」シリーズから加賀棒ほうじ茶と北海道産小豆を使用した〈ほうじ茶あずき〉と、マスカルポーネとチェダーチーズの2種類を使用し、バタークッキーを混ぜ込んだ〈クッキーinチーズケーキ〉を発売した。くつろぎタイムや自分へのご褒美などに提案する。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media