2019/02/21

【東芝テック】カート型セルフレジ「ピピットカート」の発売、レジ待ち時間短縮と快適な買物を実現

カート型セルフレジ「ピピットカート」外観および操作イメージ
カート型セルフレジ「ピピットカート」外観および操作イメージ

 

 東芝テックは、食品スーパーマーケットなどの量販店向けに、バーコードスキャナとタブレットを搭載したカートで、買い物をしながら商品の登録を行い、会計機で支払いができるカート型セルフレジ「ピピットカート」を発売した。

 

 本カート型セルフレジは、人手不足の課題に対応すると同時に新しい買物スタイルを提供する。お客は、店内をカートで移動しながら付属のスキャナで商品のバーコードを読み取り、カゴの中へ入れる。読み取った商品情報は、商品明細と合計金額としてタブレット上に表示されるため、リアルタイムで買上情報の確認ができる。さらに、画面上には、チラシやお得な商品情報が表示されるので、便利でお得な買い物ができる。

 

 購入した商品の代金の支払いでは、本カート型セルフレジで商品登録は完了しているため、レジには並ばず直接会計機で支払うことで会計が完了できる。これにより、お客1人当たりの会計にかかる時間は、有事レーンで商品スキャンを行ったときと比較して、大幅に短縮(最大で3分の1)できる。なお、本カート型セルフレジは、東芝テックの既存システムとの親和性が高く、追加システムとして導入が可能。

 

 今後、東芝テックでは、本カート型セルフレジで実現した技術を活かしてセキュリティ対策や充電運用、リアルタイム販促などに関するソリューション製品を企画し、小売業の店舗内の省力化、人手不足などの課題解決や消費者にとって快適な買物環境が提供できる製品の展開を充実させていく。

 

流通テクノロジーオンラインバナー

他の記事も読む

おすすめ記事