東芝テックがTDペイメントとOS決済ソリューションサービスを提供、小売業のスマホ決済に対応

Pocket

東芝TEC
小売業のメリットとしては、東芝テックPOSによる標準対応のため開発コストを抑えスピーディに導入が可能。

 東芝テックと東芝テックの子会社TDペイメントは、東芝テックのPOSシステムに連携できるPOS決済ソリューションサービスを4月1日より提供する。

 キャッシュレスやクレジットカード情報の非保持化の推進に伴い、実店舗ではクレジットカードに対するセキュリティやコード決済対応のニーズが高まっていて、これらの決済導入コストが課題となっている。この課題に対して、TDペイメントは、初期コストを抑え、スピーディにさまざまなクレジットカードやコード決済に対応できるPOS決済ソリューションを開発した。

 TDペイメントが提供するPOS決済ソリューションサービスでは、東芝テック独自の消費者向けのインターフェースとして、クレジットカードとの紐付けが可能なコード決済サービス「スマート払い」を提供。小売企業でのスマートフォンを利用したコード決済の実現をサポートする。今回、その第一弾として、“キャッシュレス”と“ペーパーレス”を実現する“電子レシートサービス「スマートレシート」と連携した決済”を提供する。

 小売業のメリットとしては、東芝テックPOSによる標準対応のため開発コストを抑えスピーディに導入が可能。クレジットカード情報は加盟店環境を通らないため、加盟店でのクレジットカード情報の完全な非保持を実現。消費者が事前に登録するクレジットカード情報はPCI DSSに準拠した決済センターで安全に保管される。さらに、東芝テックPOSと決済センターとの間でユニークな接続認証の仕組みを取り入れているため、POSのなりすましなどの不正も防止できる。また、小売業の自社アプリでもスマートフォン決済機能が実装できるコード決済の仕組みを提供する。

 消費者のメリットとしては、「スマートレシート®」連携決済の場合、スマートフォンに表示されるコードには、取引や一定時間ごとに変化する動的なトークンを利用するため、第三者による不正な利用を防止できる。スマートフォンの1つのアプリで“キャッシュレス”だけではなく“ペーパーレス”も実現できる。

 またTDペイメントが提供するPOS決済ソリューションサービスでは、さまざまなコード決済にも対応。東芝テックの標準POSと連携し、各コード決済サービス事業者との導入調整もTDペイメントが一括対応することで、コストを抑えスピーディに導入することができる。4月時点ではインバウンド向けコード決済であるAlipay、WechatPayと数種類の国内コード決済サービスに対応予定で、今後も主要な国内コード決済サービスに随時対応していく計画。

 さらにTDペイメントでは、改正された割賦販売法の対応に向け、東芝テックのPOSと標準接続可能な「外回り方式 マルチ決済端末 TDP-VEGA3000P35-T」を4月1日よりPOS決済ソリューションサービスの1つとして発売する。このマルチ決済端末を利用することで、加盟店ではクレジットカード情報の非保持化とICクレジットカード対応が可能となる。

 今後も東芝テックとTDペイメントが提供するPOS決済ソリューションサービスは、実店舗における多様な決済サービスの提供に加えて、ネット決済の仕組みを融合した決済サービスも随時提供していく予定。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media