英テスコ、ルイスCEOが来夏辞任、後任にブーツのマーフィー氏

2019/10/08 11:45
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

テスコCEO デーブ・ルイス氏
ルイス氏は業績不振が続いていたテスコの経営を立て直した

 英小売業最大手のテスコは10月2日、CEO(最高経営責任者)のデーブ・ルイス氏が2020年夏に辞任すると発表した。後任には米ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスのケン・マーフィー氏が就任する。

 日用品メーカー大手ユニ・リーバの経営幹部だったルイス氏は、14年にテスコのCEOに就任。海外事業の縮小と国内店舗への投資強化、プライベート・ブランド商品の見直しなどにより、業績不振が続いていたテスコの業績を立て直した。17年には食品卸大手の英ブッカーとの経営統合を完了し、事業の拡大につなげた。ルイス氏の退任理由については、「私的なもの」としている。

 後任のマーフィー氏は、ブーツの英国・アイルランド事業の共同COO(最高執行責任者)を務めており、現職の退任時期については協議中。テスコCEOに就任後のマーフィー氏の基本報酬は、年間135万ポンド(約1億7800万円)となる予定だ。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media