週刊スーパーマーケットニュース ライフコーポレーションの新会社「ライフホームデリバリー」が事業を開始

ダイヤモンド・チェーンストア編集部
Pocket

1週間のスーパーマーケットに関するニュースをまとめた週刊スーパーマーケットニュース。ライフコーポレーションが間口グループのスリーエスコーポレーション(大阪府)、間口ロジ関東(大阪府)と共同で立ち上げた「ライフホームデリバリー」が、6月から事業を開始した。ライフホームデリバリーは、ライフネットスーパーと来店宅配サービスにおける配送デリバリー業務や梱包作業支援を担う新会社で、質の高い接客・サービスと安定した配送を目指していく。2020年度、ライフコーポレーションのEC事業全体の売上高は50億円を超え、2030年は1,000億円を目標にしている(6月11日〜17日のニュースをまとめました)。

ライフロゴ

ライフコーポレーション
<近畿圏>「日本全国産地応援フェア」を開催

 ライフコーポレーションは6月12日と13日の2日間、近畿圏の店舗で「日本全国産地応援フェア」を開催した。日本各地の銘産品と産地自慢の生鮮食品、素材のおいしさと鮮度を活かした総菜を販売。

 CGCグループ
「協業のこころとちから報告書2021」を発行
高校生の料理コンテストを応援

 CGCグループは、2020年度の「協業活動」「環境活動」「社会貢献活動」を1冊にまとめた「協業のこころとちから報告書2021」を発行した。

 また、「お料理して、食べて、健康」をスローガンに掲げる同グループは、全国の高校生を対象に開催する料理コンテスト「ご当地!絶品うまいもん甲子園」(主催・一般社団法人全国食の甲子園教会)を応援する。今回は10回目の記念大会。応募締め切りは7月上旬で、一次・二次選考会を経て11月に決勝大会を実施する。

日本生協連
「品質保証レポート2021」を発行

 日本生協連は、コープ商品の品質保証の取り組みと全国の生協との連携についてまとめた「品質保証レポート2021」を発行した。品質保証の機能ごとに、2020年度の活動内容と実績データを紹介。また、新型コロナウイルス感染症拡大による品質保証活動への影響と、それを受けての取り組みについても報告した。

バロー
「なるぱーく店(仮称)」を11月にオープン

 バローは「スーパーマーケットバローなるぱーく店(仮称)」を11月中旬、名古屋市緑区にオープンする。「なるぱーく」は広い駐車施設を有し、核店舗と専門店で構成されたワンストップショッピングセンターで、バローが核店舗として出店する。

  • 所在地・・・・・名古屋市緑区浦里3-232「なるぱーく」内

マックスバリュ東海
限定販売の「ウイスキー東海」
浜松市と協働で「ちゃんとごはんレシピ」を考案
三重県で初の小型店オープン

 マックスバリュ東海は、6月12日からマックスバリュ限定の「ウイスキー東海」を発売する。“家飲み”需要の高まりを受け、自宅でのリラックスタイムに、また「父の日」の食卓に添える逸品として、福徳長酒類と共同で開発した。700ml・税込1,518円、3,000本を用意。

 また同社は浜松市と協働で「ちゃんとごはんレシピ」を考案した。同レシピは、野菜を多く摂ってもらえるよう工夫を凝らしたレシピカード。「あっさりトマトそば」「粉チーズで!洋風ふりふりサラダ」「なすとベーコンの洋風煮」「カレー風味のきんぴら」の4種類を作成し、6月11日から浜松市内の店舗で配布する。

 マックスバリュ東海は6月18日、「マックスバリュエクスプレス鈴鹿若松店」をオープンする。約30年間、営業を行ってきた「マックスバリュ若松店」を、小型SM業態に変更したもの。食べきり、使いきりを意識した小容量商品を拡充したほか、会計から袋詰めまでを一連の流れで行えるカウンターレジを採用した。

  • 所在地・・・・・三重県鈴鹿市若松北2-7-32
  • 売場面積・・・173坪
  • 営業時間・・・7時~23時30分
  • 従業員数・・・正社員1名、パート・アルバイト15名(8時間換算)

アルビス
「福井南店」オープン

 アルビスは6月10日、「ライフガーデン福井南」のキーテナントとして「アルビス福井南店」をオープンした。福井県でのドミナント形成に向けた店舗で、好立地への出店となる。各商品部門の特徴は以下のとおり。

  1. 海産部門では、越前港などの新鮮な地元の魚を強化。即食ニーズへの対応として焼魚や煮魚、フライをはじめ旬の生ネタを使った寿司などを売場を拡大して販売。
  2. 青果部門では、武生市場や地元の村上農園の野菜、カットフルーツ、カット野菜などを数多く品揃え。
  3. 精肉部門では、人気の星山ホルモンから地元メーカーの福田商店などを幅広く品揃え。
  4. 簡便・即食ニーズに対応したレトルト食品や即席みそ汁などをコーナー化。
  5. 健康ニーズに応えた「糖質オフ」「減塩」商品をコーナー展開。
  • 所在地・・・・・福井市下河北町4「ライフガーデン福井南」内
  • 売場面積・・・516坪
  • 売上目標・・・16億円
  • 営業時間・・・9時~21時45分
  • 駐車台数・・・176台

関西スーパーマーケット
「高石駅前店」リニューアルオープン

 関西スーパーマーケットは、2014年4月に開店した「高石駅前店」をリニューアルし6月14日に再オープンした。リニューアルでは、季節の花を取り揃えた「フラワーガーデン」、希少糖を使用した惣菜など毎日の健康な食卓をサポートする「デリカステーション」、産地を厳選したトマトを豊富に品揃えした「TOMATOMA FARM」、簡単・便利なサラダを提案する「サラダステーション」、徳島県の新鮮な野菜や果物を提供する「すきとく市」などを設置した。

  • 所在地・・・・・大阪府高石市加茂1-21-23
  • 売場面積・・・605坪
  • 営業時間・・・9時~22時
  • 従業員数・・・正社員17名、パート・アルバイト41.4名(8時間換算)

成城石井
「あまがさきキューズモール店」オープン

 成城石井は、兵庫県尼崎市潮江の商業施設「あまがさきキューズモール」の1階に、「成城石井 あまがさきキューズモール店」を6月25日オープンする。売場面積は60坪で、10時から20時までの営業。

マックスバリュ西日本
「My-Piスキャン」を四国で初導入
「マルナカ北房店」リフレッシュオープン

 マックスバリュ西日本は6月15日、「ザ・ビッグ鴨島店」で四国の店舗としては同社初のセルフスキャンシステム「My-Piスキャン」を導入した。「My-Piスキャン」は店頭で貸出する専用端末機を用い、購入商品をその場で登録しながら買物できるサービス。買物終了後は、端末機を精算機に読み込ませるだけでスピーディに会計を行なえる。通常の買物同様、クレジット、電子マネー、現金、金券、ギフトカードなどが利用できる。端末機は96台、精算機12台を用意した。

 また同社は6月19日、2002年7月開業の「マルナカ北房店」をリフレッシュオープンする。「旬・鮮度・おいしさ」をコンセプトに、「おさかな工房」「焼きたてパン」「産直市場(すぐそこ育ち)」などを設置。旬の商材や地元商品などの魅力ある商品の品揃えと、サービスレベルの向上に取り組んでいく。

  • 所在地・・・・・岡山県真庭市上水田5083
  • 売場面積・・・1,045坪
  • 営業時間・・・9時~21時(年中無休)
  • 駐車台数・・・157台

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media