カルビーの第3四半期は売上高2.7%増、健康志向に合わせた新商品が好調

2020/02/06 14:16
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

グラノーラプラス
カルビーは昨今の健康志向にあわせて「Granola+」を2019年6月から販売、売上を伸ばしている。

 カルビー株式会社は2月5日、第3四半期(4-12月期)の決算を発表した。売上高は1921億円(前年同期比2.7%増)、営業利益は218億円(同7.0%増)、経常利益は217億円(同4.4%増)、純利益は146億円(同2.3%減)となった。

 海外事業において、イギリスでの事業買収や中華圏での「フルグラ」のネット販売、豪州での「ハーベスト スナップス」の販売の好調などから売上が伸長した。インドネシアでは新商品のフラットタイプポテトチップスJapotaが売上に貢献している。

 国内事業では、物流費や包材費が上昇するも、スナック菓子の売上拡大に加え、前年のポテトチップス増量に伴い悪化した原価等のコストが改善、増収となった。また、昨今の健康志向にあわせて「フルグラ糖質オフ」や新ブランドの栄養機能食Granolaグラノーラプラ」など、新商品の売り上げが伸びたことも、増収につながっている。

 20年3月期の連結業績予想については、北米での既存商品の販売低迷など海外事業の影響により下方修正し、前回予想より1.2%減の2550億円としたが、営業利益および経常利益は、国内事業におけるシリアル食品の原材料費等のコストが改善したことにより前回予想を上回ると見込んでおり、営業利益は前回より1.9%増の275億円、経常利益は2.6%増の272億円と、それぞれ上方修正している。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media