ユニー高収益化に一定のメド!? PPIH(旧ドンキHD)社長交代を読み解く

2019/08/20 05:26
椎名則夫(アナリスト)

2019年8月13日、パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(旧ドンキホーテホールディングス、以下PPIH)は2019年6月通期決算と同時に経営トップの交代を発表した。このことは意味することとは?今後のPPIHの戦略のゆくえと合わせて読み解いてみよう。

Photo by winhorse
Photo by winhorse

5年率いた大原氏に代わり、マッキンゼー出身の吉田氏がトップ就任へ

 2019年8月13日の19年6月期通期決算の発表時、PPIHはトップの交代を発表した。

 これまで代表取締役社長を務めてきた大原孝治氏は1993年に入社、2013年に株式会社ドン・キホーテ代表取締役就任、2014年に当社の代表取締役社長に就いている。創業者である安田隆夫氏の“長男”を自認し、生え抜きのトップとして5年間同社を牽引したことになる。

 後任予定は吉田直樹氏。マッキンゼー出身で、2007年にDon Quijote (USA) Co., Ltdの社長に就任、その後当社の取締役になり、現在は代表取締役兼CAO(最高事務責任者)を務めている。営業畑ではないとのことである。

 このトップ交代には、①タイミング、②後任の選択、の2つの点で筆者は正直驚いたが、少なくともタイミングについては単に筆者が鈍感だっただけの話であろう。今から思えば、2019年1月のユニーの子会社化、同年2月の社名変更は明白な伏線だった。

社長交代の契機は「ビジョン2020」の前倒し達成

 伏線はあったにせよ、今回のトップ交代を決定付けたのは業績拡大が一つの区切りを迎えたからだと筆者は考える。ユニーの子会社化を遂げ、30期連続増収営業増益を達成し、売上高1兆円、店舗数500店、ROE15%を柱とする中期計画「ビジョン2020」を一年前倒しで達成したからだ。

 ここで念のため業績を確認しておこう。2019年6月期の売上高は対前年度比+41%増の1兆3288億円、営業利益は同+22%増の631億円、親会社株主に帰属する当期純利益は同+32%増の482億円となった(ちなみに大原氏が社長に就任する直前の年度である2014年6月期は、売上高6124億円、営業利益342億円、当期純利益214億円)。売上高営業利益率は同▲0.8ポイント低下したものの4.7%という現在の総合スーパー(GMS)業界では競争力のある利益率を上げており、ROEは15.6%を達成している。当社株主の約65%が外国人株主だが、彼らも納得できる収益性であり、この結果株式時価総額も約1兆円という規模に到達した。

次のページは
次の本当の伏線は大原氏の動向

1 2

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media