追悼 布施孝之キリンビール社長(3)アサヒビールの背中を追い全国行脚、そして布施改革

2021/09/25 06:55
千田直哉
Pocket

小岩井乳業には、並々ならぬ思い入れがあった。だから、宮仕えの終着駅として骨を埋めるつもりでいた。しかし布施さんには次のミッションが下された。キリンビール社長のポジションだ。 2014年3月にキリンビールマーケティング社長として呼び戻されると、翌2015年1月、キリンビールの社長に就任した。

その頃のキリンビールの状況は?

 キリンビールは、1970年代から80年代にかけ14年間連続で60%超のシェアを維持するなど、長くビール業界のリーディングカンパニーの座に君臨してきた。だが、1987年にアサヒビールがメガヒットロングセラーとなる「スーパードライ」を投入すると、状況は一変した。ぐんぐんとシェアを伸ばしていき、2001年にアサヒビールが奪首。以後、業界2位がキリンビールの定席となった。キリンビールは、2009年にアサヒビールを抜きトップシェアを一時獲得したものの、それも刹那のこと。翌年に再度抜き返されると何をやってもうまくいかなくなった。アサヒビールの背中は遠のくばかりだった。

 布施さんは、2014711日付の「日本経済新聞」紙の記事を常に鞄の中に潜ませていた。「キリン後退苦い夏 アサヒの背中が遠のく」と題された記事だ。それは、布施さんにとっての薪(まき)であり、肝(きも)であった。

 キリンビールの業績は、2014年減収増益、2015年増収減益、2016年減収増益、2017年減収総益となかなか安定しない。そうなると社内には、批評家や評論家ばかりがはびこるようになり、他責文化が企業風土として定着してしまう。そんな状況にピリオドを打つべく、2018年からスタートしたのが布施改革だ。

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media