最新テック×一貫生産が可能にする、セーレン、世界で1着だけのパーソナルオーダーとは

2021/09/03 05:58
小内三奈
Pocket

IT化にいち早く着手し、ビジネスモデルの転換、非衣料・非繊維化、グローバル化と進化を遂げてきた綜合繊維メーカーのセーレン。原糸から最終製品に至るまで、国内での「一貫生産体制」にこだわる。ITを活用した独自技術を駆使し、トレンドを先取りした素材、製品企画によって市場のニーズにフレキシブルにスピーディに対応する。そのセーレンが新たに挑戦しているのが、パーソナルオーダーである。セーレンが提供するパーソナルオーダーの醍醐味とは何なのかをセーレンの営業を担当する、大塚正敬氏に話を聞いた。 

IT技術で一着ずつ柄プリント、47万通りから選ぶパーソナルオーダー

生地見本
どんな生地にも染色可能なデジタル技術

―47万通りから選ぶことができるそうですね。

大塚 2015年に立ち上げた『ビスコテックスメイクユアブランド』は、デジタルを活用し、シルエット・柄・色・サイズをカスタマイズして好みの一着を選ぶことができるパーソナルオーダーシステムです。

 パーソナルオーダーを取り入れているブランドはいくつもありますが、これだけ豊富なデザインを展開、かつ一から生産まで行っている会社はありません。『ビスコテックスメイクユアブランド』が画期的なのは、注文をいただいてから、真っ白の生地に一着一着プリントしていくところです。

 これは、当社が30年前から行っている独自技術『Viscotecs(ビスコテックス)』によるもので、このビスコテックスに最新のIT技術を掛け合わせることで、実はパーソナルオーダーのデザインは無限大に作り出すことができるわけです。

 もう一つの特徴は、47万通りから選んだ一着を、バーチャルフィッティングによって瞬時に試すことができること。コロナ禍でECサイトでの買い物する人が増えている今、家にいながらあれこれ試していただき、最終的には「これぞ」という“運命の一着”を作り上げることができるようになっています。

 現在は女性のワンピースが中心で、中心価格帯は67万円。3週間でお届けが可能です。縫製から製造まですべての工程を日本国内の自社グループで行っています。

 

―繊維メーカーの御社が、なぜ自社ブランドを立ち上げることになったのでしょうか?

大塚 『ビスコテックスメイクユアブランド』の理念は、「短納期」「小ロット」「在庫レス」。大量の過剰在庫を抱えるのが当たり前のファッション業界において、“大衆ビジネス”の時代は終わりを告げ、今後はカスタマイズが可能な“個衆ビジネス”に移っていくだろう、と考えています。

 中でも、ファッションへの関心が強く自分に似合う洋服を吟味して購入する女性にとって、他と同じではない、自分だけの一着を手にしたいという時代が来るだろうと確信しています。

 当社独自の「ビスコテックス」という生産方式は、IoTAI・ロボットの活用によって、ハイレベルの「小ロット・短納期」と「低コスト」を両立します。今後、ファッション業界の流通を大きく変える、個のビジネスへと変化していったときに「ビスコテックス」はさらに大きな強みとなるはずです。

 とは言っても、現状『ビスコテックスメイクユアブランド』はまだまだ一部のお客さまにしか知られていない。地道に認知を拡げていく活動が必要だと思っています。また、価格を抑えていくことも課題です。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media