バイヤー必見!今行くべき専門店 旅行が難しい今こそ、ご当地グルメを提案しよう!参考にしたい沖縄料理店3選

2021/07/19 05:58
「ホットペッパーグルメ外食総研」上席研究員 有木 真理
Pocket

 新型コロナウイルス感染拡大の影響による外出自粛期間が続き、国内外問わず旅行にも行きにくい日々が続いている。そうしたなか、自宅にいながらも外食気分、旅行気分が味わえる食品に注目が集まっている。食品スーパーや百貨店では、ご当地フェアなどが開催され、お取り寄せグルメのニーズも高まっている。

 ご当地グルメといえば、日本各地に存在し、北海道のカニ、いくらなどの魚介、兵庫県の神戸牛など人気商品が存在する。実は、この「ご当地グルメ」と「旅行先」の人気ランキングは比例する傾向にある。そこで今回は旅先としても人気の高い沖縄にクローズアップ。沖縄に移住し4年になる筆者が、商品開発のヒントになりそうな沖縄料理を提供する店を紹介しよう

※新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、営業日時を変更している場合があります。詳細は、各店舗のホームページや公式SNSでご確認ください。

①実は親和性が高い!沖縄×中華
「琉球チャイニーズダイニングTAMA」 

「琉球チャイニーズダイニングTAMA」の丸の内店。そのほか、東京・渋谷、虎ノ門にも店舗を展開する
「琉球チャイニーズダイニングTAMA」の丸の内店。そのほか、東京・渋谷、虎ノ門にも店舗を展開する

 こちらのお店は、沖縄そして台湾にルーツのあるオーナーが手掛ける、「沖縄」のエッセンスを盛り込んだチャイニーズレストランだ。まるでバルのような雰囲気のなかで食事とお酒が楽しめる。お酒は「オリオンビール」や泡盛はもちろんのこと、壁面にはずらりとワインも並ぶ。

 この独特な店舗スタイルについても解説したいところだが、今回は料理について記述したい。ここでしか食べられない沖縄×中華の絶品料理が味わえるのだ。たとえば、島豆腐を使った麻婆豆腐はその1つだ。自家製の腸詰や茹でワンタン、酢豚などの本格的な中華や、アーサーそばやゴーヤチャンプルなどの沖縄料理も提供している。何でも組み合わるのではなく、魅力が増すメニューは掛け合わせているのが、同店の大きな魅力だ。

 そういえば、沖縄料理の代表格で、炒め物の総称である「ちゃんぶる」は、どこか中華の炒め物に似ている。沖縄と中華は親和性の高い掛け合わせであると言え、新機軸を打ち出すメニュー開発の参考になりそうだ。

「沖縄」のエッセンスを盛り込んだ中華料理が楽しめる
「沖縄」のエッセンスを盛り込んだ中華料理が楽しめる

・店舗名   「Ryukyu Chinese Dining TAMA MARUNOUCHI」
・所在地   東京都千代田区丸の内2-6-1 ブリックスクエアB1F
・営業時間   11:00〜15:00、17:00~24:00 
・定休日   不定休(丸の内ブリックスクエアに準ずる)

1 2

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media