CSVを基軸に飲料を通じて豊かな生活に貢献していく=キリンビバレッジ代表取締役社長 堀口 英樹

2020/11/20 07:00
聞き手=「ダイヤモンド・チェーンストア」編集長 阿部幸治 構成=室作幸江

新型コロナウイルス(コロナ)の影響により、これまでになく健康志向が高まっている。キリングループにおいて清涼飲料事業の中心的存在であるキリンビバレッジ(東京都)では、そうした生活者のニーズに応えた商品を次々と提案。今、注目を集めるCSV(Creating Shared Value)経営を実践している。その具体的な取り組みについて、代表取締役社長の堀口英樹氏に聞いた。

コロナ禍で変化した志向・購入場所・容器サイズ

──まずは直近の業績について聞かせてください。

キリンビバレッジ代表取締役社長 堀口 英樹 氏
ほりぐち・ひでき1962年生まれ。85年慶應義塾大学卒業、同年キリンビール入社。2007年キリンホールディングス経営企画部グループブランド室長。08年ナショナルフーズ(豪州)マーケティング企画部長、09年フォアローゼズディスティラリー(米国)代表取締役社長。14年小岩井乳業代表取締役社長。16年キリンビバレッジ代表取締役社長(現任)

堀口 ご存じのとおり、3月後半ぐらいからコロナ感染拡大が進み、緊急事態宣言が発令された4~5月は、外出自粛や在宅勤務などによる影響がみられました。とくに、自動販売機や駅の売店、オフィスビル内にあるコンビニエンスストア(CVS)への影響が大きく、ようやく回復してきたものの、1~9月累月のキリンビバレッジの清涼飲料販売数量合計は対前年比8%減という状況です。

──やはりコロナの影響は少なくないようですね。

堀口 環境が大きく変わるときはダメージもありますが、一方でプラスの要素もありました。まず、今年6月に発売した「キリンレモン スパークリング 無糖」が大変好調だということ。健康志向を背景に、“ステイホーム”での運動不足もあって無糖商品が支持され、レモンフレーバー人気も追い風となりました。おかげさまで、コロナ禍でも「キリンレモン」ブランドは1~9月販売数量は累計で対前年比106%で伸長しています。

 また、9月に「キリン 生茶 ほうじ煎茶」を発売したところ、発売から3週間で2000万本*1を突破。過去3年のキリンビバレッジ新商品*2で最速*3での2000万本突破となり、記録的なスタートが切れました。さらに、健康志向が高まったことで、プラズマ乳酸菌配合の「iMUSE(イミューズ)」ブランドも好調です。1~9月累計で対前年比280%を達成しています。

*1:2020年10月6日時点
*2:該当期間に新発売した商品(リニューアル除く)比較
*3:発売日からの同日比

──コロナ禍で、飲料業界にはどんな変化があったのでしょうか。

堀口 当社だけでなく業界全体でも健康を訴求した商品が伸びていますね。機能性をもった飲料や、糖分を摂らない無糖飲料が伸びています。

 これに加えてコロナ禍の変化といえば、購入場所や容器の大きさでしょう。自動販売機やCVSでの購入が減り、ECや量販店、ドラッグストアなどでの買いだめが起こり、巣ごもり需要によって大型容器が選ばれています。

 また、コーヒーやお茶などはご家庭でご自身で淹れる人が増えているのも特徴的な変化です。外出先では、自分で淹れられないため、パッケージに入ったペットボトルなどの飲料を飲んでいましたが、ステイホームで家にいれば、その必要はありません。こうした生活スタイルの変化もコロナの影響といえるでしょう。

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media