生鮮4部門と冷凍食品が大きく進化した! コープみらいの最新店舗

2019/07/08 05:00
「ダイヤモンド・チェーンストア」記者 大宮弓絵

東京・埼玉・千葉の1都2県を事業エリアとし、地域生協最大の供給高を持つコープみらい(埼玉県)は6月25日、東京都葛飾区に「コ―プ葛飾白鳥店」(以下、葛飾白鳥店)をオープンした。売場面積は約590坪と同生協最大級で、最新の商品政策(MD)を結集させた店舗だ。
生協といえば主力は宅配事業で、店舗事業は赤字で競争力に欠けるという地域生協も多い。そうしたなかコープみらいは、積極的な新規出店や店舗改装を実施している。生協の最先端ともいえるコープみらいの最新の店づくりと、今後の店舗戦略を取材した。

6月25日にオープンした「コ―プ葛飾白鳥店」
6月25日にオープンした「コ―プ葛飾白鳥店」

生鮮の全部門で
オープンキッチンを採用

 葛飾白鳥店は、コープみらいが開発し、ドラッグストア、衣料専門店、100円ショップなど8つのテナントを誘致した近隣型ショッピングセンターの核店舗としてオープンした。
 同店はこれまでの生協の店舗のイメージを覆す店づくりを実践している。まず、店内に入ってすぐに目にとまるのが、これまでにないほど、オープンキッチンを導入した売場づくりだ。総菜を含む生鮮4部門すべてで、天井まで高さのあるガラス窓を採用し、来店客に加工や調理シーンが見えるようにして、鮮度感やライブ感を訴求している。

総菜を含む生鮮4部門すべてで、オープンキッチンを導入している
総菜を含む生鮮4部門すべてで、オープンキッチンを導入している
天井まで高さのあるガラス窓を採用し、売場から加工・調理シーンが見えるようにしてる
天井まで高さのあるガラス窓を採用し、売場から加工・調理シーンが見えるようにしてる
総菜部門は、ベーカリーを合わせて約300SKUという幅広い品揃えながら、その7割以上を店内調理で提供する
総菜部門は、ベーカリーを合わせて約300SKUという幅広い品揃えながら、その7割以上を店内調理で提供する

 生鮮4部門のなかでも鮮度感やライブ感を打ち出しているのが、総菜部門だ。ベーカリーを合わせて約300SKUという幅広い品揃えを提供しながら、その店内調理比率は7割に上る。これにより、売上高構成比全体の13%を総菜・ベーカリーで稼ぐ計画だ。
 今回初となる取り組みもある。「ミ―トデリカ」コーナーの展開だ。売場から見える位置に、赤く焼けた溶岩石により炭火焼きのような仕上がりが実現できる加熱調理機チャーブロイラーを導入し、ハンバーグやチキンステーキ、野菜などをグリルして提供している。

初導入の「ミ―トデリカ」コーナー。加熱調理機チャーブロイラーを導入し、ハンバーグやチキンステーキ、野菜などをグリルして提供する

初導入の「ミ―トデリカ」コーナー。加熱調理機のチャーブロイラーを導入し、ハンバーグやチキンステーキ、野菜などをグリルして提供する

次のページは
鮮魚部門、黒字の秘密!!

1 2

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media