コロナ禍2年目でも過去最高売上の沖縄「サンエー」、「共存と競合」の成長戦略とは

2022/05/13 05:55
棚橋 慶次
Pocket

サンエー(沖縄県/上地哲誠社長)が4月5日に発表した2022年2月期連結決算は、営業収益が2043億円(対前期比0.8 %増/前期から15億円増)、営業利益83億円(同9.0 %減/同8億円減)、当期純利益66億円(同9.7%増/同5億円減)だった。

サンエー浦添西海岸PARCO CITY
サンエー浦添西海岸PARCO CITY

売上高は過去最高を更新

 前年に続いて、厳しい状況が続いた2021年の沖縄県の小売業界。県内ではまん延防止措置や緊急事態宣言期間が述べ240日にのぼり、「脱観光依存」もままならない。

 そんな中でもサンエーは22年2月期決算において売上高で過去最高を更新。沖縄の地元産品、「くらしモア」「ローソンセレクト」などのPB商品、ワンランク上の商品を強化したほか、新規開店や店舗リニューアルなどが奏功し、市場トレンドを超える売上を確保した。

 セグメント別にみると、全体の9割以上を占める小売事業は、対前期比0.9%増の1886億円だった。一方で、コンビニエンスストア事業は同3.8%減%の68億円だった。

 営業利益については、増収に伴い粗利益が増加した一方で、人件費や店舗設備費の増加により、減益で着地している。

2022年6月、宮古島に大型商業施設を開業

 23年2月期の業績予想では、営業収益が対前期比3.3 %増/前期から56億円増の2110億円、営業利益が同21.5%増/同17億円増の101億円、当期純利益が同4.4%増/同2億円増の69億円と増収増益をめざす。

 店舗リニューアルにより売上増加を図ると同時に、増収に伴う粗利益増により人件費などの販管費増を吸収する。

 感染状況や石油などエネルギー資源の価格高騰を発端とした物価高など、沖縄の事業環境は今期も相変わらず不透明だ。そんな環境下でもサンエーは、企業理念(7大基本)に基づきつつ、店舗や商品力向上、サプライチェーン構築、人材育成、企業体質の強化を通じ、目標達成に努める。

 出店計画としては今年6月17日、県内随一の人気スポットかつ創業の地である宮古島市平良に、駐車収容力530台、店舗延べ床面積5853㎡の「サンエー宮古島シティ」をオープンする。大型スポーツ施設「JTA宮古島ドーム」と隣り合わせているうえに、宮古空港にも近い。

 デジタル・トランスフォーメーション(DX)としては、3月にローンチしたサンエーアプリが好調で、登録数は4月時点で10万人に達する。電子マネー(デジタルサンエーカード)として利用できるだけでなく、チラシ・クーポン・キャンペーン応募・オンラインショップやネットスーパーとの連携など便利機能満載だ。直営外食店の順番待ち・お持ち帰り注文も、アプリでできる。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media