第41回 アフターコロナのショッピングセンターは「非日常」がキーワードになる理由

西山貴仁(株式会社SC&パートナーズ 代表取締役)
Pocket

前回、顧客視点ではオンラインとオフラインには差が無いと伝えた。タブレットで学習する子供たちは、ディスプレイの中はリアルであり、多くのことをそこから知り、理解し、思考する。アウトプットする際もタブレットに向かって、字を書き、話しかける。タブレット越しに先生からマンツーマンの指導を受ける。東京も地方も関係ない。ここにオンラインとオフラインに差があるだろうか。今回は、この命題に対して「リアルとバーチャル」の二項軸で考えていくことにする。

gahsoon/istock
gahsoon/istock

ECが日常になり、スマホがリアルな生活に

 ECなどネットを介したサービスなどをいまだバーチャルと表現する人がいる。でも、店舗に出かける「回数×費やす時間×買う金額」とスマホで「ECサイトを見ている時間×クリックする回数×買い上げ金額」この掛け算の答えはどちらが多いだろうか。

 もちろん、人によって差はあるし、ECは絶対使わないというラガード層(遅滞者)もいるが、この掛け算の答えが店舗よりECの方が上回る方も多いと思う。要するにいまやECが日常になり、スマホがリアルな生活になっているのだ。

 では、情報の伝達、書類の受け渡し、打ち合わせ、雑談などはどういう手段で行われているだろうか。日常の連絡・会話はLINEやメッセンジャー、仕事の連絡や書類の受け渡しはeメール、打ち合わせは、ZOOMteams、業務管理は、slackoutlook、情報発信は、instagramfacebookyoutube、情報取得もSNSやニュースサイト、あらゆる局面でネットを介したコミュニケーションになっているはずだ。

 もちろん、実際に人と会って話もするし、会議もするし、書類の受け渡しもする。しかし、生活の中心や費やす時間と情報量は圧倒的にこれらのツールを使っている時間が長い。これが日常でありリアルそのものではないだろうか。

改めて考えたい、「なぜ人は集まるか」の答え

 今回、「リアルとバーチャル、どちらが優れているか」と言う不毛な議論をするつもりは無いし、ましてや「ネットよりリアルだよね」などと回顧的な話をつもりも無い。もちろん、オンライン飲み会よりお店に皆で集まって飲む方が圧倒的に楽しいのは事実。実は今日のテーマはここにある。

 重点措置により飲食店に集まることもすっかり減った。これがニューノーマルと言われたら寂しい限りだが、では、なぜこれが寂しいのか。それは実際に集まって飲むことが楽しいからだ。日程調整から店の手配から招集まで手間と時間を使い、当日もわざわざ時間を使って店まで移動し、滞在時間とお金を使う。「時間×金額」余命80年の人間にとって貴重な時間のトレードオフ。なぜ、そこまでするのか。答えは、楽しいからだ。

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media