コンビニ大手3社が共同配送、北海道・函館で実証実験の第2弾

Pocket

物流 イメージ
セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストア大手3社は、物流効率化やフードマイレージの削減、温室効果ガス排出量の削減などを目的に、共同配送の実証実験を行う。 cybrain/i-stock

 セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、ローソンのコンビニエンスストア大手3社は、物流効率化やフードマイレージの削減、温室効果ガス排出量の削減などを目的に、共同配送の実証実験を行う。

 3社は2020年度、東京都内の湾岸エリアでも共同配送の実証実験を行った。今回は店舗密度が低い地方において、配送センター間の物流共同化と遠隔地店舗への配送の共同化の2つの実証実験を行う。

 対象地域は北海道の函館エリアで、2月21日から1週間、実施する。配送センター間の物流共同化では、札幌近郊にある各社の基幹物流センターから函館のサテライトセンターまでの物流を共同で行う。セブン-イレブンとファミリーマート、セブン-イレブンとローソンの2つの組み合わせで、実施する。

 店舗配送の共同化では、函館のサテライトセンターから遠い過疎地などにあるセブン-イレブン2店舗とローソン5店舗への商品配送を共同化する。

 実証実験は、内閣府の戦略的イノベーションプログラム「スマート物流サービス」プロジェクトの一環として行う。流通経済研究所が研究代表機関となっている。

コンビニ大手3社が共同配送するスキーム
配送センター間の物流共同化と遠隔地店舗への配送の共同化の2つの実証実験を行う

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media