キーワードは“背徳感” ベーカリー部門でもヒットの予感「ルーサーバーガー」と「マヌルパン」

2022/02/11 05:57
「Food Clip」編集部
Pocket

進化系ガーリックパン「マヌルパン」

 もう一方の「マヌルパン」もキーワードは背徳感だ。

 「マヌル(마늘)」は韓国語でニンニクという意味で、直訳すると「ニンニクパン」。韓国で人気の屋台グルメになっている進化系ガーリックパンを指す。

 いわゆるガーリックトーストとは異なり、たっぷりのガーリックバターを染み込ませたパンに、砂糖やはちみつで甘みを加えたクリームチーズを挟んでいるのが特徴。甘じょっぱさと食欲を刺激するガーリックの風味で一度食べたら病みつきになる味だ。韓国の屋台では、行列ができるほどの人気メニューになっている。

 このマヌルパンが、カロリーもたっぷりで、食べると「背徳感がすごい」という点でも話題になっている。SNSを中心に話題となり、トレンドを予感させる大注目の韓国発グルメだ。
 健康志向の高まりから「ギルトフリー」なグルメへの関心が高まるなか、思いきり真逆をいくところも注目のポイントと言える。

マヌルパン
マヌルパンはたっぷりのガーリックバターを染み込ませたパンに、砂糖やはちみつで甘みを加えたクリームチーズを挟んでいる

 日本では、「俺のBakery」とグルメインフルエンサーがコラボし、韓国のマヌルパンを再現した「俺の罪悪パン」が5月15日から期間限定発売され話題になった。店頭では2週間で約1万個を販売、ECサイトでも11分で完売するほどの人気となった。

 下町の人気ベーカリー「オットポン」(東京都墨田区)や三重県・愛知県で11店舗を展開する「513BAKERY」など、マヌルパンを発売するベーカリーやカフェも少しずつ増加し、じわじわと人気が広がっている。

韓国グルメ×パンブームが今後の追い風に?

 ハンバーガー業界は、外出自粛やフードデリバリーサービスの普及などから、外食大手も続々と参入し戦国時代に突入している。そうしたなか、従来のハンバーガーに多ジャンルの料理をかけあわせた進化系ハンバーガーが増加中だ。ルーサーバーガーも今後は、従来のハンバーガー×ドーナツの域を飛びだしたメニュー開発が期待される。

 マヌルパンについては、新型コロナウイルス感染拡大下での生活者の食への意識変化により、お店の味を自宅で再現しようと試みる生活者も増加している。家庭でパン作りを始める人も増え、ホームベーカリーの売れ行きも好調だ。こうした傾向から、外食、内食問わず、マヌルパンの人気もさらに高まっていきそうだ。

 両者に共通するのは、罪悪感がありながらも、至福のご褒美グルメとして生活者にウケている点だ。高カロリー過ぎるがゆえにSNSでシェアしたくなるというのも、人気が広まっているポイントの1つと言えるだろう。

 ここ数年続く日本でのパンブームと韓国グルメブームにも後押しされる形で、ルーサーバーガーとマヌルパンという進化系ベーカリー商品への注目は、広がっていきそうだ。


【媒体紹介】
Foodclipロゴ
食のビジネスメディア「FoodClip(フードクリップ)」
クックパッドが2020年に開始したWeb専門の食ビジネスメディア。
食トレンドや、市場・企業動向の記事をはじめ、クックパッドのデータを活用した生活者レポートのサブスクリプションを展開しています。https://foodclip.cookpad.com/

1 2

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media