ホテル、スイーツ、レストラン…もはやアパレルではない「ワールド」 門外不出のSPAプラットフォームを開放した真意とは?

2022/02/10 05:55
堀尾大悟
Pocket

国内アパレル最大手のワールド(兵庫県/鈴木信輝社長)。実は近年、ホテル、スイーツ、レストランなど異業種へのコンサルティングにも力を入れていることをご存じだろうか。同社が1990年代に開発した独自のSPA(製造小売)のノウハウを、空間設計から接客販売、在庫ロス削減に至るまでのソルーションの提供に活用しているのだ。同社の代名詞でもあり門外不出とされたSPAの仕組み=プラットフォームを、なぜ開放するに至ったのか。「ワールドプラットフォームサービス」を展開するプラットフォーム事業推進室長の飯田恭一氏に話を聞いた。

ワールド独自のSPAノウハウをシェア

クレメントイン今治
愛媛県今治市のホテル「JRクレメントイン今治」内観

 しまなみブルーを基調とした内装。瀬戸内の魅力を体験できるラウンジ。サイクリストが自転車をそのまま持ち込めるルームフロア。20219月、愛媛県今治市にオープンしたホテル「JRクレメントイン今治」の館内は、高級セレクトショップを思わせるスタイリッシュな空間が演出され、サイクリストの聖地・しまなみ海道を訪れる観光客にも好評だ。

 このホテルの空間設計とグラフィックデザインを手がけたのはワールド。「アンタイトル」「インディヴィ」をはじめ多くのブランドを展開する、言わずと知れた国内最大手アパレル企業だ。

 アパレルの生産から調達、MD、売場設計、販売までの全プロセスをワンストップ化し、垂直統合したワールド独自のSPAプラットフォームを、コンサルティングビジネスの形で外部に開放したのが同社の「ワールドプラットフォームサービス」である。

 「私たちが約30年にわたって築き上げてきたSPAのノウハウや人材を、いわば他の企業と『シェア』するシステム。店舗づくりからサービスの実現、コスト削減まで、利益をつくる店舗づくりに向けたソリューションを提供している」。2015年にこのプラットフォームビジネスを立ち上げ、同社のコンサルティングチームを率いるプラットフォーム事業推進室の室長 飯田 恭一氏は話す。

1 2 3 4

人気記事ランキング

© 2022 by Diamond Retail Media