ファミリーマート 店舗業務支援システム刷新で業務効率向上

Pocket

ファミリーマートのストアコントローラーとスマートフォン型端末
ストアコントローラー(※)とスマートフォン型端末
※店舗の営業情報や発注・会計業務、店舗従業員の勤怠管理などの業務を行う機器

 ファミリーマート(東京都)は11月1日、店舗における発注業務や会計業務、店舗従業員の勤怠管理などを行う店舗業務支援システムを刷新。10月より順次店舗へ導入を進め、2024年2月までに全店舗に導入することを発表した。

 また、これまで検品や返品業務などの店舗業務に使用していたハンディ型端末を、店舗従業員が勤務中に携帯可能なスマートフォン型端末に変更する。

 新たに導入する店舗業務支援システムは、発注業務や会計業務、勤怠管理などの業務が強化され、効率化が図られる。 また、ワークスケジュールは、店舗従業員が携帯するスマートフォン型端末と連動しており、業務通知や実施状況の確認が可能であるとともに、作業指示機能により各時間帯に対する個別の作業指示を伝えることが可能となる。

 同社は、新システムによって、施策や商品の販売目標の共有、実績の振り返りにも活用することで店舗従業員の業務をサポートし、店舗業務の更なる効率化を目指すとしている。

スマートフォン型端末業務画面イメージとスマートフォン型端末使用イメージ
スマートフォン型端末業務画面イメージとスマートフォン型端末使用イメージ

関連キーワードの記事を探す

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態