GDP、年2.7%増に上方修正=2期連続プラス、在庫が寄与―1~3月期改定値・内閣府

時事通信社
Pocket

都内の交差点を渡る人々
5月に発表した速報値(前期比0.4%増、年率1.6%増)から上方修正された。(i-stock/CHUNYIP WONG)

 内閣府が8日発表した2023年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)改定値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.7%増、この成長が1年続いた場合の年率換算で2.7%増となった。5月に発表した速報値(前期比0.4%増、年率1.6%増)から上方修正された。企業の在庫による押し上げ効果が大きかった。22年10~12月期がプラス成長に遡及(そきゅう)改定されたため2四半期連続のプラスとなった。

 直近の経済指標を反映させた結果、民間在庫の変動がGDPの増減に与える影響(寄与度)が、速報値のプラス0.1%からプラス0.4%に上振れした。企業が抱える自動車など輸送用機械の仕掛かり品在庫が寄与した。さらに、設備投資も研究開発などが盛んで、前期比1.4%増(速報値は0.9%増)に見直した。

 内需の柱である個人消費は0.5%増(同0.6%増)と下振れした。外食が速報段階の想定より振るわなかったのが要因。輸出は4.2%減、輸入は2.3%減と、それぞれ速報値から変わらなかった。

 物価変動の影響を反映して生活実感に近い名目GDPも前期比2.0%増、年率8.3%増と、速報値(前期比1.7%増、年率7.1%増)を上回った。

 22年度の実質GDP成長率は前年度比1.4%増(速報値は1.2%増)と、2年連続のプラス。ただ、実額では548兆円となり、コロナ禍前の19年度(550兆円)に届かなかった。     

◇1~3月期のGDP改定値

◇実質成長率 0.7(  0.4)
年率換算  2.7(  1.6)

◇寄与度
内需   1.0(  0.7)       
外需 ▲ 0.3(▲ 0.3)

◇主要項目  
個人消費      0.5(  0.6)  
住宅投資    ▲ 0.1(  0.2)  
設備投資      1.4(  0.9)  
民間在庫      0.4(  0.1)  
公共投資      1.5(  2.4)  
輸出      ▲ 4.2(▲ 4.2)  
輸入      ▲ 2.3(▲ 2.3)

◇名目成長率     2.0(  1.7) 
年率換算  8.3(  7.1)

(注)カッコ内は速報値。数値は前期比伸び率%、寄与度は%。民間在庫は成長率への寄与度。▲はマイナス

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態