〔海外決算〕米ナイキ、12~2月期は増収減益=値引きやコスト増が利益圧迫

時事通信社
Pocket

ニューヨークのナイキの旗艦店
ニューヨークのナイキの旗艦店

 【ニューヨーク時事】米スポーツ用品大手ナイキが21日発表した2022年12月~23年2月期(第3四半期)決算は、売上高が前年同期比14%増だった一方、純利益は11%減った。在庫処分のための値引きや材料・物流費の上昇、ドル高が利益を圧迫した。

 「ナイキ」ブランドは14%の増収。特にインターネット通販や北米事業が好調だった。「コンバース」ブランドは8%の増収。地域別でも大半の地域で増収を達成した。中華圏では、中国政府が22年12月に「ゼロコロナ」政策を実質解除したものの、ドル高が事業の足を引っ張った。

 ◇ナイキ(NKE)決算の概要
         12~2月期    市場予想    前年同期
売上高      12,390  11,472  10,871
純利益       1,240     848   1,396
1株利益       0.79    0.55    0.87
※地域別売上高
北米           4,913(27%増)
欧州・中東・アフリカ   3,246(17%増)
中華圏          1,994(8%減)
アジア太平洋・中南米   1,601(10%増)
(注)売上高と純利益の単位は100万ドル、1株利益は調整後、ドル。市場予想はリフィニティブ調べ、カッコ内は前年同期比

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態