イオンは欧州最大のスポーツECプラットフォームをどう戦略に組み込むのか?イオンシグナスポーツ、泊剛史社長に聞く

Pocket

イオン(千葉県/吉田昭夫社長)が欧州最大のスポーツECプラットフォームを展開する独シグナ・スポーツ・ユナイテッドと共同出資で設立したイオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド(東京都)。2020年6月に設立して丸1年が経過した。スポンサーロゴを付けると割引でオリジナルユニフォームが作れるECサービスが好調だ。スポーツ市場において新たなECプラットフォーム構築をめざす同社の取り組みと今後の展望について、2021年5月に代表取締役社長に就任した泊剛史氏に話を伺った。

 

欧州最大のスポーツECJVを組んだ背景

 イオンと、シグナ・スポーツ・ユナイテッド(以下、シグナスポーツ社)が50%ずつ出資するジョイントベンチャーとして20206月に誕生したイオン・シグナ・スポーツ・ユナイテッド(イオンシグナ)。現在「チームスポーツ」「スポーツバイク」「テニス」の3つのスポーツEC事業を展開している。

「健康志向の高まりとともに、これからは『スポーツ』がマーケットにおけるキーワードのひとつになっていきます。当社がスポーツにおけるナンバーワンのECプラットフォームを構築することで、そのマーケットの期待に応えられる商品を提供していきたいですね」

 そう意気込みを語るのは、代表取締役社長の泊剛史氏。20215月、ビオセボン社長と兼任していた岡田尚也氏から社長のバトンを引き継いだばかりだ。

 泊氏によると、イオングループとしてこのイオンシグナを立ち上げた背景にはもうひとつのねらいがある。

「イオンはリアル店舗に大きな強みを持つ一方で、これまでECにはあまり力を入れてきませんでした。欧州ではアマゾン(Amazon.com)をも上回る、最大のECプラットフォームを持っているシグナスポーツ社と組むことで、ECのノウハウや経験を蓄積したいねらいもあります」

「日本初上陸」のユニフォームECが好調

スポンサーロゴを付けると最大半額になるユニフォーム事業を手掛けるイオンシグナ
スポンサーロゴを付けると最大半額になるユニフォーム事業を手掛けるイオンシグナ

 3つあるスポーツEC事業の中で、とりわけ好調ぶりが目立つのがチームスポーツだ。その中核サービスは、オリジナルのチームユニフォームをカスタマイズ制作できる「Outfitter(アウトフィッター)」。商品・企業ロゴをユニフォームに付けることで、最大50%のディスカウントでオリジナルのユニフォームを制作できる。小学校のサッカーチームを中心に人気に火が付き、注文チーム数は800チームに上る。

「シグナスポーツのあるドイツをはじめ、サッカーが盛んなヨーロッパでは、地域のアマチュアのサッカークラブでもスポンサーがついているのが当たり前。ユニフォームにロゴを入れる代わりに企業が無償でユニフォームを提供する文化が根づいています。その文化を日本に持ち込んだのがアウトフィッターです」

 スポンサー企業数は20213月までは3社だったが、6月には11社まで増加した。展開するユニフォームは「カップヌードル」「ポカリスエット」「バーモントカレー」などの商品ロゴで彩られており、さながらプロサッカーチームのようだ。

「日本初上陸のサービスだけに、当初は企業さまのご理解を頂くのにかなり苦戦しました。小学生チームに割安でユニフォームを提供できるという、このサービスの価値がだんだん伝わり、CSR(企業の社会的責任)の目的でスポンサードしていただける企業さまが増えてきました」

 今後は、スポンサー企業との関係性を深めていきながら、対象スポーツをより広げていくことを見据えている。

「サッカーやバレーボール、バスケットボールなどのクラブチームは全国に1万チームあるといわれています。ユニフォーム事業の裾野はそれだけ広く、実際に相撲部やボーイスカウトなどのお客さまもいます。今後はユニフォームだけでなくアウターなど商品カテゴリーを増やしたり、割引のオプションを増やしながらニーズに対応していきたいですね」

1 2 3

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media