佐川急便やサンドラッグがドローン配送の実証実験、東京都青梅市で

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

佐川急便やサンドラックが実証実験で使うイームズロボティクス製の機体
実証実験で使うイームズロボティクス製の機体

 佐川急便やサンドラッグなどは1月11日から、東京都青梅市でドローンを使った配送サービスの実証実験を始めた。サンドラッグの店舗から日用品や一般用医薬品、食品などを指定場所までドローンで配送する。

 実証実験には、イームズロボティクス(福島県南相馬市)と日本気象協会(東京都豊島区)も参画する。サンドラッグのホームページまたは電話で注文を受けた商品を、離着陸拠点である運動広場までドローンで運ぶ。午前11時から午後4時まで1日最大5往復を予定している。今回使用するイームズロボティクス製の機体では、最大10kgの荷物を積載できる。実証実験は2月10日まで続ける。

 2022年12月に改正航空法が施行され、いわゆる「レベル4飛行」(有人地帯での補助者なし目視外飛行)が可能となった。4者は今後もレベル4飛行の実現に向けた技術開発を進め、山間地域におけるドローン配送サービスを25年度中にも社会実装することを目指していく。

人気記事ランキング

© 2024 by Diamond Retail Media

興味のあるジャンルや業態を選択いただければ
DCSオンライントップページにおすすめの記事が表示されます。

ジャンル
業態