セブンネット、個人情報約15万件が流出の疑い、不正アクセスで

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

 セブン&アイ・ホールディングス傘下でインターネット通販サイトを運営するセブンネットショッピングは10月23日、外部からの不正アクセスによってクレジットカード番号などの個人情報が最大で約15万件流出した可能性があると発表した。

 不正アクセスがあったのは今年4月17日から7月26日で、セブンネットショッピングの会員サービス「いつもの注文」にクレジットカード情報を登録している顧客の一部について、カード番号や商品届け先の氏名、住所、電話番号が不正に閲覧された可能性がある。

 6月以降、クレジットカード会社からの指摘があり、情報セキュリティ専門会社の調査によって判明したという。7月26日時点でサイトの脆弱性を改修、その後、ログイン認証を強化するなどの対策を施した。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media