JR九州、博多駅の線路上空に複合ビル、オフィス・ホテル・商業施設など

ダイヤモンド・リテイルメディア デジタル推進室
Pocket

JR九州が博多駅の線路上空を立体的に活用する「博多駅空中都市プロジェクト」
在来線の上空を活用して、最新の環境性能や換気機能を備えた複合ビルを開発する

 JR九州は3月16日、博多駅の線路上空を立体的に活用する「博多駅空中都市プロジェクト」に着手すると発表した。2028年末の竣工を目指す。

 在来線竹下側の上空を活用して、最新の環境性能や換気機能などを備えた複合ビルを開発する。敷地面積は約5200㎡。用途はオフィスやホテル、商業施設や広場など。

 オフィスは博多駅周辺では最大規模となる基準面積を確保。駅直結の利便性に加えて、非常時の電源供給などBCP(事業継続計画)や感染症などのリスク対応を強化する。多様な働き方への対応として、個室やバルコニーなども設ける予定だ。

 ホテルは、福岡の魅力を世界に発信するラグジュアリーホテルとする方針で、客室面積は全室35㎡以上のゆとりを持たせる。

 そのほか、博多口と筑紫口を結ぶ新たな動線を設置、広場ではイベント開催やアート展示などでにぎわいを創出する。

人気記事ランキング

© 2023 by Diamond Retail Media