ついに「b8ta」が日本に上陸! モノ・情報・体験を届ける「キュレーションメディア型店舗」への期待と課題

2020/04/24 05:55
伴大二郎(株式会社オプト オムニチャネルイノベーションセンター センター長)

ECを中心に活動するD2C(ダイレクト・トゥ・コンシューマー)ブランドが、新しくて価値あるものを求める消費者と結びつき、一つのブームを生み出していることは、これまでの連載で説明してきたとおりです。彼らがそこからさらなるスケールアップをめざすには、やはりリアルに進出し、多くの消費者から支持される存在になることが正攻法といえるでしょう。短期連載「伴大二郎のリテールイノベーション最前線」第4回は、そんなD2Cブランドに門戸を開く、アメリカ発の「キュレーションメディア型店舗」(※)について解説します。※キュレーションメディア型店舗…さまざまなブランドの商品を展示し、それぞれのコンセプトや魅力、使い方などを伝える“情報発信”を主眼とした店舗

 b8ta(ベータ)」にD2Cブランドがこぞって”出展”する理由

ベータ(b8ta)
今夏日本にも上陸予定の「b8ta」。キュレーションメディア型店舗の筆頭として知られる

 キュレーションメディア型店舗には、ショーケーススタイル、ショップスタイル、さらには劇場スタイルと、さまざまなタイプがあります。ここでは、今夏、日本に上陸予定の「ベータ(b8ta)」を紹介します。 

 ベータは、テーブル1つぶんほどの広さの区画をメーカー側に月額で提供しています。ここを借りた企業が並べる商品を、消費者が自由に見たり触れたりできる、いわばショールームのような体験型店舗です。

 ベータが注目を集める理由の1つは、オンライン広告の出稿と同等の効果や機能を有する点です。オンライン広告は、ターゲットを広げると費用がかかる一方、狭めるとリーチしにくいという一長一短があり、広告コストを多くかけられないD2Cブランドにとって費用対効果を出すのが難しい側面があります。

 それに対してベータは、店内にカメラが設置されており、商品の前を通った人、立ち止まった人、触った人といったように、アクション単位でデータを取得できます。「貴社の商品は30代の女性がよく見ています」「貴社の商品を手に取った人は、隣の商品にも同時に関心を示しています」といった情報をメーカー側は得られるわけです。

 同じくらいのコストをかけるのなら、誰に届くかを特定することが難しいオンライン広告よりも、商品をベータに“出展”したほうが具体的な反応を得られるからよい、と判断する企業が活用を進めています。とにかく触れてもらわないことには、その良さを理解してもらいにくいガジェット製品であれば、なおさらでしょう。実際、そういった商品がベータに集まっており、集客フックになっています。また、プロダクトの数が限られる企業にとっては、実店舗を構えるよりも、ベータの一画を間借りするくらいがちょうどいいという事情もあります。

FORUM店内
ベータの新業態、フォーラムの店内。LAを拠点とするローカルアパレルブランドの商品を扱う

 ちなみにベータは、「フォーラム(forum)」という新しい業態にも挑戦しています。ロサンゼルスのメルローズ・アベニューという、日本でいえば原宿のキャットストリートのような場所に出店。ロサンゼルス近郊に拠点を置くローカルブランドの中からサステナブルなアパレル製品を厳選し、取り扱っています。

 ロサンゼルスのローカルブランドには、優れた製品をつくっていながら大手百貨店に並ぶには至らないD2Cブランドが多い。ですから、それらに特化した業態を開発することには、大きな価値があります。

 ベータは、このフォーラムを皮切りに、自社のビジネスモデルと店舗におけるトラッキング(購買行動の追跡)の仕組みをパッケージ化し、いろいろなところで展開しようと画策しています。

 

1 2 3

人気記事ランキング

© 2020 by Diamond Retail Media