楽天、カナダのショッピファイと連携、米国の店舗が「楽天市場」へ出店可能に

ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局
Pocket

楽天市場での商品登録や在庫管理などができる専用アプリのフロー
楽天市場での商品登録や在庫管理などができる専用アプリの提供を始めた

 楽天は4月7日、EC(インターネット通販)プラットフォームを提供するカナダのShopify(ショッピファイ、オンタリオ州オタワ)と連携し、米国のEC店舗が「楽天市場」に出店できるサービスを開始した。

 ショッピファイは、自社ECサイトの構築や商品登録、在庫管理、受注管理などEC店舗運営に必要な機能をクラウドで提供するECプラットフォーム。同社は2004年の創業だが、175カ国の100万以上のEC店舗が同社のプラットフォームを利用している。

 ショッピファイでは、自社ECサイトの開設・運営だけでなく、他のECモールへの出店をサポートする機能も提供している。同社が運営するアプリストアで、楽天市場での店舗運営に伴う必要な機能を提供する専用アプリ「楽天販売チャネルアプリ」をダウンロードできるようにした。

 米国でショッピファイを利用しているEC店舗は、同アプリを使って楽天市場に出店し、越境ECを始めることができる。楽天とショッピファイでは、米国以外でショッピファイを利用しているEC店舗に対しても、楽天市場への出店支援サービスを展開していく予定だ。

人気記事ランキング

© 2021 by Diamond Retail Media