ペイペイ、公共料金の支払いに対応、アプリで請求書のバーコードを読み取り

2019/09/04 10:17
ダイヤモンド・リテイルメディア 流通マーケティング局

スマホアプリで払込票に記載されたバーコードを読み取る

 PayPay(ペイペイ、東京都千代田区)は9月2日、スマートフォン(スマホ)アプリを使ったバーコード決済サービス「ペイペイ」で、請求書(払込票)のバーコードを読み取るだけで支払いができる「ペイペイ請求書払い」を始めた。

 公共料金の請求書に記載されたバーコードをスマホアプリで読み取ると、自宅などにいても支払いができる。サービス開始時点では「東京ガス」「東京電力」「東京都水道局」「広島ガス」「中国電力」「九州電力」の請求書に対応。9月30日からは、「Yahoo!マネー」で支払える約300の地方公共団体や公営企業の請求書に対応する。10月以降は「北海道ガス」など対応可能な請求書を増やしていく。

 ペイペイ請求書払いを利用した場合、支払額の0.5%がペイペイボーナスとして還元される。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media