近商ストア社長 粕本源秀
「来年度から新規出店を再開する」長期目標は売上1000億円

大阪府、奈良県、京都府で事業展開する、近商ストア(大阪府)。競争が激化する中、楽しい買物環境や独自商品の提供などにより、競合店との差別化を図っている。店舗の多くは駅近や駅ナカといった恵まれた立地にあり、今後は小型店の出店にも取り組むという。新社長の粕本源秀氏に事業展望、戦略を聞いた。

聞き手=阿部幸治(本誌) 構成=森本守人(サテライトスコープ)

物販や小売分野を長く経験

──今年6月、近商ストアの新社長に就任しました。粕本社長の経歴を教えてください。

かすもと・もとひで●大阪府出身。1986年慶應義塾大学卒、同年、近畿日本鉄道(現・近鉄グループホールディングス)入社。15年近鉄リテーリング取締役。16年近商ストア専務。18年近商ストア社長就任(現任)。

粕本 1986年、近畿日本鉄道に入社し3年間、鉄道の現場で働いた後、近鉄グループの企業を含め、企画や人事等、さまざまな職務を経験しました。そのなか初めて販売に関する業務に携わったのは92年。当時、グループが力を入れていたテーマパーク事業で、運営部隊の一員として物販と飲食を勉強しました。また2009年から8年近く、駅ナカでの物販や飲食を手掛ける近鉄リテーリングにも在籍、これまで物販や小売分野でも長く仕事をしてきました。

 

──さて、近商ストアを取り巻く競争環境を、いかに認識していますか。

粕本 厳しさが増しているという実感です。事業展開するのは、本部を置く大阪府のほか、奈良県、京都府。いずれの商勢圏でも有力な食品スーパー(SM)が数多く、どの企業も価格訴求を強めています。近年は、同業態のSMのほか、食品の扱いが大きいドラッグストア、またディスカウントストアなど異業態も存在感を増しています。

 

──そのなか、どういった方針で経営にあたっていますか。

粕本 就任時、社内に向け、発信したのは「売場づくり」「顧客づくり」「職場づくり」という3つのテーマです。

購買頻度の高い商品は価格訴求する一方、快適で、楽しい売場づくりに取り組んでいる

 「売場づくり」では、お客さまが買いやすく、快適に、安心安全なものを買物できる売場づくりに取り組みます。そのうえで、エンターテインメント性、楽しさも提供していきたい。「顧客づくり」は、おもてなしの気持ちと接客スキルの向上により、地道に顧客を増やそうというもの。従来の、比較的年齢層の高いお客さまに加え、20~40歳代の若い層にも来店いただけるよう努めます。最後は「職場づくり」。従業員にとり、職場は1日の大半を過ごす場所であるため、コミュニケーションを重視した、風通しのよい環境を整えていきます。

CVSをSM内に導入する

──近商ストアはどのようなフォーマットで店舗展開していますか。

粕本 「近商ストア」と「ハーベス」という2種類のSMがあります。前者はレギュラーSMで、後者はこだわり商品を積極的に取り入れた高質SM。商圏や競合状況を勘案しながら使い分けています。現在、37店があり、そのうち12店が「ハーベス」です。

 大半の店舗は、近鉄沿線の駅前、駅ナカといった立地であるのが強み。そのため地域の方のほか、会社勤めの人、学生など幅広い方に利用いただいています。

 

──出店はどのような方針ですか。

粕本 14年以来、新たに出店していません。前社長(現近鉄リテールホールディングスの中井潔会長)が、当面の出店を凍結、既存店の改装を進め、競争力を強化してきた経緯があります。改装はほぼ一巡、来年度以降、久しぶりに新規出店しようと、準備を進めています。複数の候補が挙がっていますが、売場面積1000㎡未満の店を出店する計画です。

 

──新規出店を視野に、新たな店づくりにチャレンジしていますね。

粕本 今年3月30日、既存店の「近商ストア西大寺店」(奈良県、売場面積775㎡)内に、初めての試みとしてコンビニエンスストア(CVS)のファミリーマートの売場(103㎡)を新設しました。ファミリーマートのPB(プライベートブランド)を約1000品目揃えるほか、コピー機、ATM、各種チケットを販売する「Famiポート」も備えています。各種支払いができる収納代行にも対応、SMに新たな機能を付加しました。

 お客さまからは好評で、売上は順調。計画段階では、CVSで売れた分、当社SMの売上が減るのではと予想していました。しかし実際はそのようなことはなく、CVS分がプラスになったのはうれしい誤算でした。

 

──今後、同様の店づくりをする計画はありますか。

粕本 来年以降、500~600㎡の小型店も出す考えで、そこでもCVSの導入を検討します。小型店だけでなく、大型店でも同様の取り組みを行うなど、利便性を高める店づくりを広げたい。

1 2

他の記事を読む

注目記事