2018/10/02

工機ホールディングス、新ブランド方針を発表!

 101日、工機ホールディングス(東京都/前原修身社長)は、新ブランド「HiKOKI」(ハイコーキ)の要諦を発表した。

 

 同社の創業は1948年。日立兵器を前身とする。

 前原社長は発表会の挨拶で70年間の歴史を振り返り、同社の5つのイノベーションについて言及した。

 

 その1つ目は、日立工機(現:工機ホールディングス)の誕生である。AC電源のパワフルで耐久性の高い採炭機器や電動工具を次々と開発したことを挙げた。

 

 2つ目は海外進出だ。国内市場から海外への雄飛を図り、1970年代に欧州やシンガポールに拠点を設立。現在は欧州、米州、アジア、オセアニア、中近東、アフリカなど95カ国に販売拠点を展開するにいたっている。

 

 3つ目は、持ち運びしやすい小型軽量化だ。2001年には「電動工具用小形化・省資源化のための電源制御・充電制御技術」で電気科学技術奨励賞(旧オーム技術賞)を受賞している。

 

 そして4つ目は自立と自律。同社は20174月に親会社の日立製作所から独立。20186月に工機ホールディングスに社名変更した。「日立製作所から離れてよかったことは製品開発の制約がなくなったこと」といい、従来はグループ内のカニバリを回避するために家電製品などは控えざるをえなかったが、いまはフリーハンドで開発できることを挙げている。

 

 5つ目のイノベーションは、未来についてだ。同社は「パワーツール(電動・エア工具)領域で、進化する極上のユーザー体験を創造します」を「HiKOKI」のブランドプロミスとした。

 その実現をめざし、まず世界戦略製品の「マルチボルトシリーズ」の開発と販売に注力する。「マルチボルトシリーズ」は、コードレス工具では難しかった「パワー」「耐久性」「精度」「携帯性」を兼ね備えていることが最大の特徴で、今後、10機種を順次発売していく。

 

 なお、同社はこのブランドプロミスを広く市場に浸透させるために、新しいタグラインを決めている。「UNLEASH the NEXT」(解き放つ、その先へ。)というキャッチコピーで、「次世代の技術、製品、サービスやトレンドを牽引し、電動工具の分野で、進化する極上のユーザー体験を創造する」ことを意味する。

他の記事を読む

注目記事