ホーム   特集&連載    DRMオンライン・ピックアップ    ダイヤモンド・ホームセンターView Point 
記事タイトルバナー
2018年1月5日

[特別企画●プロモーション研究]
チラシから見えてくる春の販促プロモーションのトレンド

Diamond Home Center

プロモーション研究
注目マーケティング
ハイポネックスジャパン

「ネクスコート」のラインアップ拡充で
ガーデニング市場の新たな顧客層の開拓を図る

 

2017年春に次世代を見据えた肥料として「ネクスコート」を発売したハイポネックスジャパン。18年春に向けては人気の高い野菜やくだもの、観葉植物用をラインアップに追加し、エントリーユーザーのさらなる獲得を目指す。

 

● 手軽さと使いやすさが高い評価を得る

 

左・ネクスコート 野菜・くだもの用
右・ネクスコート 観葉植物用
拡大画像表示
左・ネクスコート いろいろな植物用
右・ネクスコート バラ用
拡大画像表示

 ハイポネックスジャパンは、2017年10月11日から13日まで幕張メッセで開催された2017国際ガーデンEXPO「GARDEX」において、18年春の新商品として「ネクスコート 野菜・くだもの用」と「同 観葉植物用」を発表した。

 

 同社では、若年層を中心としたエントリーユーザーの獲得を図るべく、17年春に「ネクスコート いろいろな植物用」と「同 バラ用」を発売。1シーズンに1回ばらまくだけという手軽さ、樹脂コーティングされており手が汚れたりにおいがしない使いやすさ、日常の生活空間に置いても違和感のないデザインのカップ型パッケージなどが、ガーデニングの初心者や女性から高い支持を集め、売上は順調に推移した。

 

 手応えをつかんだ同社は、18年春のガーデニングシーズンに向けて、育てたい植物として人気が高い野菜やくだもの、観葉植物用を新たに「ネクスコート」のラインアップに加える。

 

● 育て方に合わせて肥効期間を設定

 

インパックされている計量スプーン。施肥しやすいと好評だ
拡大画像表示
溶出のメカニズム
①1粒に植物の生育に必要なチッソ、リンサン、カリ、マグネシウム、微量要素がバランスよく含まれている。②土にばらまくと、水やりごとに水分がコーティングにしみ込む。③コーティングにしみ込んだ水分が、内部の成分を溶かしていく。④肥料成分がゆっくり溶け出すため、長期間均一に肥料成分を供給することができる。
拡大画像表示

 18年春にラインアップする「野菜・くだもの用」と「観葉植物用」により、「ネクスコート」は全4アイテムになった。同社では、より幅広いガーデニングユーザーに「ネクスコート」を提案することで、園芸肥料市場における樹脂コーティング肥料の認知度を高めていく考えだ。

 

 新アイテムの特徴は、チッソ、リンサン、カリなどの成分配合比と、使用量、肥効期間を変えたことだ。とくに肥効期間は、従来の「いろいろな植物用」と「バラ用」は『3~4カ月』だったが、「野菜・くだもの用」は『2~3カ月』、「観葉植物用」は『4~5カ月』とした。これは、対象植物の育て方の違いを想定してのものだ。

 

 家庭菜園の場合、作物を最初に収穫するまでの期間が花苗などよりは短く、また水やりの頻度が比較的多いため肥料成分の溶出量が多くなることを想定している。一方、観葉植物はシーズンを問わず長くガーデニングを楽しむことが多いためと、水やりも花苗に比較して少ないことを想定した。また、それぞれの適切な溶出量を実現するために、粒の樹脂皮膜の厚さを変えるなど、商品設計に工夫を施した。

 

● 積極的なプロモーションで新たな顧客獲得を目指す

 

大玉トマトでの肥料効果試験
拡大画像表示

 4アイテム揃ったことで、18年のガーデニングシーズンに向けて、「ネクスコート」のより積極的なプロモーションを展開する予定だ。

 

 店頭販促物として、商品をスタッキングできる専用什器を用意。同時に売場では、使い方を訴求したプロモーションビデオも設置していく。簡便性を訴求することで、「ネクスコート」の認知度をより高めていく。

 

 広告展開では、園芸専門誌だけでなく、女性誌や情報誌などでも展開していく。誌面ではやわらかいイメージのイラストを使用し、初心者や女性ユーザーへの開拓を図る。

 

 また、17年はラジオを中心にPRを行ったが、18年も同様にタイアップしていく計画だ。

 

 園芸肥料のリーディングカンパニーとして、新たな顧客層の開拓を図るハイポネックスジャパンの動きに、18年のシーズンも注目したい。

 

DRM online 関連記事

Special topics