米グーグル、アンドロイド端末向け定額アプリ・ゲームサービス開始

2019/09/24 14:00
ロイター

Googleロゴ
9月23日、米アルファベット傘下のグーグルは、携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマートフォン向けに、定額配信サービス「グーグルプレイパス」の提供を開始すると発表した。写真は2015年8月11日撮影(2019年 ロイター/Pascal Rossignol)

[23日 ロイター] – 米アルファベット傘下のグーグルは23日、携帯端末向け基本ソフト(OS)「アンドロイド」搭載のスマートフォン向けに、定額配信サービス「グーグルプレイパス」の提供を開始すると発表した。

グーグルプレイパスは月額4.99ドルで、広告とアプリ内の追加課金なしで350種以上のアプリとゲームが利用できる。米アップルのゲームのサブスクリプションサービス「アップルアーケード」と類似のサービス。

同社のブログ投稿によると、米国で今週中にサービスを開始し、その後国外でも順次展開する。サービスには毎月新たなアプリとゲームが追加されるという。

関連キーワード:

人気記事ランキング

© 2019 by Diamond Retail Media